Edited at

【サービス終了】10項目まで無料。初心者向けサーバ死活監視サービス「AlertMe」を使ってみた

More than 3 years have passed since last update.


注意

2016-08-31でサービスが終了します。

現在、新規登録は受け付けておりません。移転しましょう。


あらまし

自社WebサーバをVPSからwordpressホスティングに変更したので、以前まで使っていたモニタリングツールのmuninなどが使えんようになった。

そも、今回の目的がサーバ管理をLinuxのスキルが無い人に移譲するためのものなので、簡単に使えるような死活監視サービスがあれば、と探していた。

で、白羽の矢が立ったのは、GMOのAlertMe。

http://www.securestar.jp/alertme/


特長(フリープラン)


  • 監視可能な数は10個まで。 → 有料は20個まで。

  • ping, 各種サービス(http,ftp,smtp,pop,dns)などの死活監視ができる。


pros(よい点)


  • 「おすすめ監視設定」が非常に良い。ping監視、URLレスポンス監視、SSL証明書期限チェックで運用するならコレだけ弄ればOK。後から詳細設定の編集も可能。おすすめ設定(ping)だと、「指定への接続が、10分間隔の確認で2回応答が無ければ警告メールを送信する」になる。

  • URL監視(レスポンスタイム)が良い。ロードが5秒以上掛かったらアラート、などという設定が可能。

  • DNS正引き逆引きチェック、SSL証明書期限チェックも無料の範囲で可能。試してないけど。

  • 監視間隔が5分-1時間まで。十分。

  • 通知メールアドレスを複数登録でき、別に割り振ることが可能。有料プランじゃないと通知メール文面やタイトルを編集することができない為、メールアドレスでエラー箇所を別ける運用が良いかも。

  • ここ2年の監視統計を出力できる。円グラフで出してくれるのは良い。


cons(悪い点)


  • コントロールパネルのサーバが重い。ホントなんとかして欲しい。

  • 登録が微妙に手間。管理者アカウントと、実際に運用する利用者アカウントの2つが必要になる。

  • 監視統計をcsvなどで吐き出せない。多分プロプランでも無理。これは割と痛い人も多い気がする。

  • ftp,pop3,smtpなどの監視はプロプランじゃないと監視port番号を変更できないので実質使えない。imapの監視もプロプランから。まあこの辺は仕方なし。

  • サーバが重い。


設定画面のSS

大体サービス概要が分かるだろうか。

Screen Shot 2015-04-07 at 14.12.22.png


総評

それほど機能を必要としない・管理中のサーバ数とサービス数が少ないのであれば良いかと思う。

運用担当が常駐しない客先への導入や、ネットショップと自社Webサイトだけの監視、などであれば、非常に使いやすいサービス。

(特にネットショップなどであれば、SSL証明書監視は有りがたいのでは)

サーバ複数台構成のWebアプリなどの死活監視には向かない。そも、ビジネスの規模がその程度であれば、zabbix, hinemos, nagios辺りを組むべき。

……というわけで、画面読込に20秒掛かるような管理画面にも耐えれるのであればオススメ。

(こんだけ宣伝したんだからGMOなんかくれーとか思ったけど色々と諦めたオチ)