Help us understand the problem. What is going on with this article?

IQ20の美少女鯖管「DNSが死んでるなら、AWS Route53使えばいいじゃない」

More than 5 years have passed since last update.

お名前.comのDNSが死んでてお祭り状態で仕事にならないので脳内美少女と遊ぶ。
ただの走り書きですので、何卒ご容赦。

IQ20の美少女鯖管「
切り分けの結果、本日(2015/03/24)の障害はDNSが死んでいるみたい。
ドメインNaviからは入れてDNSサーバを変更できるみたいなんで、
この機会にAWSのRoute53でも弄ってみるといいんじゃない?
BINDやUnboundの設定方法に疎くても、ネットワークの知識さえあれば、
割と簡単に利用できるはずよ!

ぼく「いやIQ20って設定ミスってるだろお前」

Route53とは

http://aws.amazon.com/jp/route53/
超簡単DNSサーバ。
DNSラウンドロビンでの負荷分散なんかもできる。
http://aws.amazon.com/jp/route53/pricing/
ちなみに有料。でも機能を考えれば激安。

今知ってビビったのは、ドメイン管理まで出来るようになったこと。
他社からの移管も可能。普通に安い。
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/08/route-53-domain-reg-geo-route-price-drop.html

DNSレコード設定をはじめるまで

  1. AWSにログイン(または登録)
  2. 左メニュー「Hosted Zones」クリック
  3. primaryボタン「Create Hosted Zone」クリック
  4. お手持ちのドメインとコメントを適当に入れてprimaryボタン「Create」クリック
  5. primaryボタン「Create Record Set」クリック
  6. 後はそこからレコード設定を行う。他のドメイン管理などを経験してたなら、フィーリングでなんとかなる(と思う)
  7. そこの辺りにチラホラ見えてるdnsサーバっぽいドメインはまさしくDNSサーバなので、控えてドメイン管理会社側の設定で、該当ドメインを転記

こんな人をなめたような走り書きでも、運用開始までたどり着けるのが、
このサービスの最大の利点じゃないかなと思う。

雑感

Route53は使えば使うほど味が出てくるスルメのようなサービス。
サーバも早いし、大きなトラブルも聞かない。
BINDの脆弱性に怯える必要もなし。
多分、他社を探してもないようなオンリーワンなサービスなので、
他のサーバを利用してる方も、EC2やS3に興味がない方も、AWSに抵抗のある方でも、
是非一度試して、よければ上司を口説いてみては。

リンク

今さっきやった行動、まさしくコレ。

お名前.comで取得したドメインのネームサーバーをRoute53に変更しELB配下のWebページをドメインで引けるようにする
http://qiita.com/ausuited/items/94beec5f588dbdebb7fc

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away