Ruby
Windows
mruby
VisualStudio

Windows上でmrubyをビルドし動かしてみる

More than 1 year has passed since last update.

会社の知り合いの人から「mrubyどうよ?」と訊かれたので、以下のサイトを参考にWindows上でmrubyを使えるようにしてみました。

Windows にいろんな Ruby をインストール(MatzRuby, IronRuby, JRuby, Topaz, mruby)

最新のツールを利用したため、一部手順が異なる箇所があったので補足しながら手順を残します。


Visual Studioのインストール

ビルド環境としてVisual Studioを利用するため、インストールします。


  • 公式サイトより、Visual Studio 2015をダウンロードします。

    https://www.visualstudio.com/ja/downloads/

    有償版でもよいですし、無償利用可能な Community 2015/Express 2015 for Desktop でもOKです。

     


  • インストーラーを実行し、適宜セットアップしてください。

    インストール後、スタートメニューに「開発者コマンドプロンプト for VS2015」があることを確認してください。

    mruby001.png



Rubyのインストール

Windows用のRuby環境(RubyInstaller for Windows)をインストールします。


  • 公式サイトより、最新版のRubyInstallerをダウンロードします。

    http://rubyinstaller.org/downloads/

    mruby002.png

     


  • インストーラーを実行し、セットアップを行います。

    インストールオプションで「Ruby の実行ファイルへ環境変数 PATH を設定する」にチェックをしておくと、環境変数 PATH へ追加してくれます。



Bisonのインストール

パーサー(parser)生成プログラムであるBisonをインストールします。


  • 公式サイトより、「Complete package, except sources」をダウンロードします。

    http://gnuwin32.sourceforge.net/packages/bison.htm

    mruby003.png

     


  • インストーラーを実行し、セットアップを行います。

    インストールパスにスペースが含まれると良くないとのことですので、インストール先を修正しておきます。(今回はCドライブ直下にインストール)

    mruby004.png

     


  • binまでのパスを、環境変数 PATH へ通します。

    mruby005.png



mrubyのビルド


  • GitHubからmrubyの最新ソースコードをダウンロードします。

    https://github.com/mruby/mruby

    mruby006.png

     


  • ダウンロードしたZIPを解凍し、適宜配置します。

    (今回は C:\src\mruby-master へ配置)

    mruby007.png

     


  • スタートメニューから「開発者コマンドプロンプト for VS2015」を選択して起動します。

    mruby008.png

     


  • カレントディレクトリをソースコード配置先へ切り替え、以下のコマンドを実行します。


C:\src\mruby-master>ruby .\minirake


  • 問題なく終わったら、バージョン情報を確認します。

C:\src\mruby-master>.\bin\mruby.exe --version

mruby 1.2.0 (2015-11-17)

C:\src\mruby-master>


Hello, mruby world!

ついでなので、できたてほやほやのmruby.exeを動かしてみたいと思います。


hello.rb

print "Hello, mruby world!\r\n"


実行結果

C:\src\mruby-master>.\bin\mruby.exe C:\src\hello.rb

Hello, mruby world!

C:\src\mruby-master>