Edited at

StackStormをプロキシ下でインストール

More than 1 year has passed since last update.

stackstormは一撃でインストールできるスクリプトが用意されていますが、プロキシ環境下では途中でこけてしまいました。これを回避するためにいくつかの事前準備が必要だったので事前準備からインストールまでのメモ。

今回プロキシサーバーは

http://proxy.server:8080/

とします。

今回使用したOSは

CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

です。


環境変数のプロキシ設定

以下のコマンドで環境変数を設定します。

export http_proxy=http://proxy.server:8080

export https_proxy=http://proxy.server:8080
export HTTP_PROXY=http://proxy.server:8080
export HTTPS_PROXY=http://proxy.server:8080
export NO_PROXY=localhost,127.0.0.1
export no_proxy=localhost,127.0.0.1

また/etc/profileの最後にも上記コマンドを追記しておきます。


  • /etc/profile

export http_proxy=http://proxy.server:8080

export https_proxy=http://proxy.server:8080
export HTTP_PROXY=http://proxy.server:8080
export HTTPS_PROXY=http://proxy.server:8080
export NO_PROXY=localhost,127.0.0.1
export no_proxy=localhost,127.0.0.1


curlのプロキシ設定

curlのプロキシ設定は~/.curlrcに行います。

proxy = http://proxy.server:8080/


rpmのプロキシ設定

/usr/lib/rpm/macrosの中に設定する場所があるので該当箇所のコメントを外して以下のように設定。

#       The port and machine name of an HTTP proxy host.

#
%_httpport 8080
%_httpproxy proxy.server


yumのプロキシ

/etc/yum.confに以下を追記します。

proxy=http://proxy.server:8080


StackStormのインストール

ここからは公式のドキュメントどおりです。

https://docs.stackstorm.com/install/index.html

をインストールスクリプトのURLが変わっていたらこちらを参照してください。

インストールは以下を実行するだけですパスワードのCh@ngeMeは任意のパスワードに変更してください。

yum install curl nss

curl -sSL https://stackstorm.com/packages/install.sh | bash -s -- --user=st2admin --password='Ch@ngeMe'

以上。


pipのプロキシ(st2 pack installのために)

st2 pack installで引っかかったのでpipのプロキシ設定も追加します

.config/pip/pip.confをなければディレクトリごと作成し以下を設定

[global]

proxy = http://192.168.128.28:8080
noproxy = 127.0.0.1