CentOS
openssl

CentOS 7 OpenSSL 1.1.0hのソースファイルからのインストール

動作確認環境

事情によりバージョンをダウングレードしました。新しいバージョンでも動作するはずです。

  • 仮想環境 VMware Workstation Player 12.5.9
  • OS Windows 10 Pro 64bit

仮想環境

  • OS CentOS 7.4 (1708) minimalインストール
  • メモリ 2GB
  • HDD 250GB

前提条件

  • gcc 8.1.0
  • cmake 3.11.4
  • MySQL 5.7.22

ダウンロード・展開

最新バージョンの確認
OpenSSL

必要なパッケージをインストールする。

yum install perl

/usr/local/srcディレクトリ移動する。

cd /usr/local/src

ソースファイルをダウンロードする。

wget https://www.openssl.org/source/openssl-1.1.0h.tar.gz

ダウンロードしたファイルを展開する。

tar xvzf openssl-1.1.0h.tar.gz

コンパイル・インストール

展開したディレクトリに移動する。

cd openssl-1.1.0h

コンパイル・インストール

./config --prefix=/usr/local/openssl shared zlib
make
make install

バージョン確認しようと/usr/local/openssl/bin/openssl versionを実行すると、エラーが表示される。

/usr/local/openssl/bin/openssl: error while loading shared libraries: libssl.so.1.1: cannot open shared object file: No such file or directory

エラー対策を行う。

エラー対策

libssl.so.1.1の場所を探し、libssl.so.1.1が見つかるように対策を行う。

find /usr -name "libssl.so.1.1"
/usr/local/src/openssl-1.1.0h/libssl.so.1.1
/usr/local/openssl/lib/libssl.so.1.1

libssl.so.1.1/usr/local/openssl/lib/に保存されているので、対策する。

echo "/usr/local/openssl/lib/" > /etc/ld.so.conf.d/lib64.conf
ldconfig

これでバージョン表示される。

バージョン確認

/usr/local/openssl/bin/openssl version

バージョンが表示される。

OpenSSL 1.1.0h  27 Mar 2018

参考

OpenSSLをビルドしてApacheで利用する:仕事で使える魔法のLAMP(17) - @IT
サービスに使えるapache/opensslの構築方法 - LinuxとApacheの憂鬱
How to fix Python Installation Error while loading shared libraries: libssl.so.1.0.0? Solved - Techglimpse
OpenSSL - ネットワーク関連 - Linux ClockUpMemo


目次