Edited at

Macで最低限のzshの設定を行う


1. 以下をコピーする。

# 環境変数

export LANG=ja_JP.UTF-8
export KCODE=u # KCODEにUTF-8を設定

## 色を使用出来るようにする
autoload -Uz colors
colors

## 補完機能を有効にする
autoload -Uz compinit
compinit

## タブ補完時に大文字小文字を区別しない
zstyle ':completion:*' matcher-list 'm:{a-z}={A-Z}'

## 日本語ファイル名を表示可能にする
setopt print_eight_bit

## ヒストリの設定
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=1000000
SAVEHIST=1000000

## PROMPT
# vcs_infoロード
autoload -Uz vcs_info

# PROMPT変数内で変数参照する
setopt prompt_subst

# vcsの表示
zstyle ':vcs_info:*' enable git svn hg bzr
zstyle ':vcs_info:*' check-for-changes true
zstyle ':vcs_info:*' stagedstr "+"
zstyle ':vcs_info:*' unstagedstr "*"
zstyle ':vcs_info:*' formats '(%b%c%u)'
zstyle ':vcs_info:*' actionformats '(%b(%a)%c%u)'

# プロンプト表示直前にvcs_info呼び出し
precmd () {
psvar=()
LANG=en_US.UTF-8 vcs_info
[[ -n "$vcs_info_msg_0_" ]] && psvar[1]="$vcs_info_msg_0_"
}
#add-zsh-hook precmd _update_vcs_info_msg
PROMPT="%{${fg[green]}%}%n%{${reset_color}%}@%F{blue}localhost%f:%1(v|%F{red}%1v%f|) $ "
RPROMPT='[%F{green}%d%f]'

## Aliasの設定
# core
alias ls='gls --color=auto'
alias l='ls'
alias ll='ls -l'
alias rm='rm -i'

# git
alias gs='git status'
alias gl='git log --graph'

# rails
alias srake='spring rake'

# rbenv
eval "$(rbenv init -)"


2. 1.の内容を~/.zshrcにペーストして保存する

ペーストできればなんでもいいですが、例えば

$ pbpaste > ~/.zshrc

普通にvimで開いて設定してもおけ。


3. デフォルトのshellをbashからzshに変える

$ which zsh


  • (2019-05-23 追記) これで何もでなければ何かがおかしいのでこれ以降の作業をとめてください(次のコマンドで大変なことになります)

$ chsh -s $(which zsh)


  • このコマンド打ち間違えると最悪ログインできなくなるので注意。


4. brew で coreutilsを入れる

$ brew update 

$ brew install coreutils


5. ターミナルを再起動

-


参考