Help us understand the problem. What is going on with this article?

Nest.jsは素晴らしい

Node.jsとExpressでサーバー側のシステムを開発していたのですが、Nest.jsと言うサーバー側のフルスタックフレームワークがあることを知り、乗り換えることにしました。

メリットとデメリット

どんなものにも、メリットとデメリットがあります。自分にとって「メリット>デメリット」となったら採用する価値が出てきます。
私が感じたNest.jsのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  • Angular風なので、クライアントにAngularを採用するのであれば、同じような考え方で開発することができる
  • TypeScriptで開発しやすい
  • 予め以下のような構成でシステムを作ることができ、メンテナンス性が向上する(人による実装方法の違いをある程度抑制できる)
    • controller
    • filter
    • guard
    • interceptor
    • interface
    • middleware
    • module
    • pipe
    • provider
    • resolver
    • service
  • テストが容易なコードが書ける
  • nest cliでコードのひな形を作成できる(テストコードも作成できる)
  • Passport、GraphQL、TypeORMなどをサポートしている
  • ドキュメントが充実している(但し、英語)

デメリット

  • 日本語の情報が少ない

NestJSのインストール

NestJSはnpmパッケージとして提供されています。インストールは以下のようにします。

npm install @nestjs/cli -g

まずやってみる

nest cliでプロジェクトを作成します。
以下のようにコマンドを起動するといくつかの質問があり、それに答えていくとプロジェクトが作成できます。

nest new プロジェクト名

sc.png

どうでしょう?Angularっぽいでしょ?

フォルダ構成を決める

これから作成するシステムのフォルダ構成を決める必要があります。
よくあるパターンは、エンティティ(モデル)、サービス、コントローラ単位でフォルダを分けます。なんとなく、それがシンプルでいいのかと思ったのですが、nest cliでソースコードを作ると、そういうフォルダ構成にできそうにありません。
例えば、Userサービスを作成するために、以下のコマンドを実行します。

nest g service User

すると、srcフォルダにUserと言うフォルダができ、その中にコードが生成されます。
では、フォルダ指定すればいいのかと思い、以下のようにコマンドを実行します。

nest g service services/User

今度は、srcフォルダにservicesというフォルダができ、さらにUserというフォルダができて、その中にコードが生成されます。

結論
「NestJSは、オブジェクト単位でフォルダを構成する」

では、Userに関するコードを作って見ましょう

必要なコードの種類は、module、entity、service、controller、interfaceです。
REST APIではなく、GraphQLを採用する場合は、controllerは必要ありません。

Userインターフェースの作成

以下のコマンドで、Userインターフェースのひな形を作成します。

nest g interface User/User

Userフォルダにuser.interface.tsができますので、必要なユーザ属性を追加します。

user.interface.ts
export interface IUser {
    id: string;
    name: string;
    kana: string;
    email: string;
    postcode: string;
    address: string;
    phone: string;
    password: string;
    admin: boolean;
    createdAt: Date;
    updatedAt: Date;
}

Userエンティティの作成

以下のコマンドで、Userエンティティのひな形を作成します。

nest g class User/User

Userフォルダにuser.entity.tsができますので、必要なメンバーを追加します。
下記コードは、ORMにTypeORMを使っていますので、そのためのデコレーターが付いています。

user.entity.ts
import 'reflect-metadata';

import { Entity, Column, PrimaryGeneratedColumn, PrimaryColumn, CreateDateColumn, UpdateDateColumn } from 'typeorm';
import { IUser } from './user.interface';

@Entity()
export class User implements IUser {
    @PrimaryGeneratedColumn('uuid')
    id: string;

    @Column()
    name: string;

    @Column()
    kana: string;

    @PrimaryColumn()
    email: string;

    @Column()
    postcode: string;

    @Column()
    address: string;

    @Column()
    phone: string;

    @Column()
    password: string;

    @Column()
    admin: boolean;

    @CreateDateColumn()
    createdAt: Date;

    @UpdateDateColumn()
    updatedAt: Date;
}

Userサービスの作成

Userオブジェクトに対して様々な操作を行うサービスクラスを作成します。
以下のコマンドでUserサービスのひな形が作成できます。

nest g service User

今回は、Eメールアドレス指定でユーザ情報を検索する(findByEMail)と、ユーザを追加する(add)を実装します。

user.service.ts
import { Injectable } from '@nestjs/common';
import { InjectRepository } from '@nestjs/typeorm';
import { Repository } from 'typeorm';
import * as bcrypt from 'bcrypt';

import { User } from './user.entity';

@Injectable()
export class UserService {
    constructor(
        @InjectRepository(User)
        private readonly userRepository: Repository<User>
    ) {}

    // 指定されたEメールアドレスのユーザを検索する
    findByEmail(_email: string): Promise<User> {
        return new Promise((resolve, reject) => {
            this.userRepository.findOne({ email: _email })
                .then((user: User) => {
                    resolve(user);
                });
        });
    }

    // ユーザを追加する
    add(user: User): Promise<User> {
        this.findByEmail(user.email)
        .then((currentUser: User) => {
            if (currentUser !== undefined) {
                return currentUser;
            }
            else {
                return new Promise((resolve, reject) => {
                    if (currentUser === undefined) {
                        // パスワードをハッシュ化する
                        user.password = this.getPasswordHash(user.password);
                        // ユーザ情報を設定する
                        this.userRepository.save<User>(user)
                        .then((result: User) => {
                            resolve(result);
                        })
                        .catch((err: any) => {
                            reject(err);
                        });
                    }
                });
            }
        })
        .catch((err: any) => {
             throw err;
        });
        return undefined;
    }

    // パスワードをハッシュ化する
    private getPasswordHash(_password: String) {
        const saltRounds: number = 10;
        const salt: string = bcrypt.genSaltSync(saltRounds);
        return bcrypt.hashSync(_password, salt);
    }
}

Userモジュールを作成

最後にUserの構成を設定するUserモジュールの作成です。
以下のコマンドで、Userモジュールのひな形を作成できます。

nest g module User

user.module.tsを以下のように実装します。
このコードもORMにTypeORMを使っていますので、それらしい実装が入っています。

user.module.ts
import { Module } from '@nestjs/common';
import { TypeOrmModule } from '@nestjs/typeorm';

import { UserService } from './user.service';
import { User } from './user.entity';

@Module({
    imports: [ TypeOrmModule.forFeature([User]) ],
    providers: [ UserService ],
    controllers: [  ],
    exports: [ UserService ]
})
export class UserModule {}

Userモジュールの登録

最後に、srcフォルダにあるapp.module.tsに、UserModuleとUserServiceを登録します。

app.module.ts
import { Module } from '@nestjs/common';
import { UserService } from './user/user.service';
import { UserModule } from './user/user.module';

@Module({
  imports: [
    UserModule
  ],

  providers: [
    UserService
  ],

  controllers: [
  ]
})
export class AppModule {}
}

ざっと、これで実装完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした