Edited at

Noodlで外部JSライブラリ読み込み(グラフ表示)


概要

Noodlで外部ライブラリを読み込んで使ってみました。

今回はChart.jsを読み込んで、グラフ表示させました。

その備忘録です。


使用するノード

JSライブラリを読み込んで、HTML要素を操作するフローは次の通りです。

image.png

使用しているノードは次の3種類です。

(1)script downloader

  JSライブラリを読み込むノード

(2)javascript

  JSを記述するノード

(3)HTML contents

  HTMLを記述するノード


各ノードの設定

(1)script downloader

 プロパティScript 0に、ライブラリのロード先パスを設定します。

  image.png

(2)javascript

  

image.png

Javascriptの記述例は以下の通りです。

inputsに次の3つを追加します。

define({

inputs: {
isAddedToDOM : "boolean",
domElement : "domelement",
scriptsLoaded: "boolean"
},

runでHTMLの要素と、読み込んだライブラリのインスタンスを生成しています。

run: function(inputs, outputs, changedInputs) {

var ctx = document.getElementById('myChart');
var myChart = new Chart(ctx, {

(3)HTML contents

 HTMLプロパティをEditして、HTMLを記述します。

image.png


 Chart.jsを読み込んでグラフ表示してみました。

image.png


終わりに

詳しくはNoodlのドキュメントとサンプルプロジェクトGoogle Mapサンプルをご参照下さい。