libusb
IoT
SORACOM
Sierra
WioLTE

Wio LTE をMac OSX Sierra で動かすまで

More than 1 year has passed since last update.

SORACOMから10月26日に発売された、LTE回線付きのIoTデバイス、Wio LTEを早速買ってみました。

macOS Sierraで動かすまで少し迷ったので、備忘として書いておきます。

迷った理由

1. libusbのPathが違うエラー

2. プログラムはシリアル通信で書き込むわけではない(/dev にデバイスが見つからなくてもよい)


libusbのPathが違うエラー

スクリーンショット 2017-10-27 0.02.41.png

/opt/local/lib/libusb-1.0.0.dylib に、libusbが無い!ってエラーが出ました。

自分の環境では、/usr/local/opt/libusb/lib/libusb-1.0.0.dylib にすでに存在していたので、単純にリンクを貼ってしまいました。

これが正解かどうかは自信ありません。

$ sudo ln -s /usr/local/opt/libusb/lib/libusb-1.0.0.dylib /opt/local/lib/


プログラムはシリアル通信で書き込むわけではない

ちゃんと 説明を読んでいれば問題なかったのですが、今までArduinoはシリアル通信でプログラムを書き込んでいたので、Wio LTEを差し込んで出てきた、 /dev/cu.usbmodem14111 を選択してプログラムを書き込もうとしたら、DFUデバイスが見つからないというエラーが出ました。

説明を読み直して、BOOTボタンを押しながらWio LTEを起動したら、うまくいきました。

DFUモードの時は、 /dev にはデバイスが見えないのが正解みたいです。

$ ls /dev/cu*

/dev/cu.Bluetooth-Incoming-Port /dev/cu.lpss-serial2
/dev/cu.KosukeiPhone-WirelessiAP /dev/cu.usbmodem14111

スクリーンショット 2017-10-27 0.01.13.png