Edited at

CIDRとアドレスクラス

More than 1 year has passed since last update.


CIDR(サイダー)表記とは

ipアドレスの後ろにスラッシュとどのネットワーク化を示す情報の長さ(サブネットマスクの中にある1の個数)を書く記法



198.51.100.xxx/24


CIDRはアドレスクラスの概念を用いないでipアドレスの割当てや経路の選択などを可能にする仕組み


アドレスクラスとは

全てのipアドレスをクラスA~Eに分類する考え方

IPアドレスを2進数表記にした際の最初の部分でクラスAからEに分類する。


IPv4のIPアドレス(10進数)

0.0.0.0 ~ 255.255.255.255


これを2進数に変換すると


IPv4のIPアドレス(2進数)

00000000.00000000.00000000.00000000 ~ 11111111.11111111.11111111.11111111.


このIPアドレスを2進数変換した数値の左端の値により以下に分類する。

クラス
アドレス

A
0xxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx

B
10xxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx

C
110xxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx

D
1110xxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx

E
11111xxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx



クラスAに該当するIPアドレスは2進数表記で0から始まるIPアドレスとなる。


クラスAのIPアドレス(2進数)

00000000.00000000.00000000.00000000. ~ 01111111.11111111.11111111.11111111



クラスAのIPアドレス(10進数)

0.0.0.0 ~ 127.255.255.255



なぜアドレスクラスが使われなくなった?

クラスという概念はネットワークアドレスとホストアドレスを8ビット単位で分けるので不必要なアドレスを確保してしまうことがあった。



クラスAの場合、先頭の0がクラスAを表す値となり、そのあと7ビットがネットワークアドレスとなり、残り24ビットがホストアドレスとなる。

クラスBの場合、先頭の10がクラスBを表す値となり、そのあと14ビットがネットワークアドレスとなり、残り16ビットがホストアドレスとなる。

そのため、クラスBでは必要なアドレスが足りない場合、クラスAのアドレスを使用することになるが

クラスBよりも256倍ものアドレスを確保してしまうことになる。

そこでCIDRが考え出されることになった。



198.51.100.xxx/24←この24がどこまでのビットがネットワークアドレスかを指定している。


これにより、ネットワークとホストの個数がアドレスクラスという概念よりより柔軟になった。