Help us understand the problem. What is going on with this article?

[AWS]SNSおよびメッセージ配信サービスについて調べたこと

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Amazon SNSについてちょっと調べていた時に、そもそも「メッセージ」ってちゃんと理解してないなと思ったので少し基本的なところからお勉強。

(Amazon SNSについて)
https://aws.amazon.com/jp/sns/
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sns/latest/dg/welcome.html

メッセージング、キューイングについて

差し当たり、IBMのknowledge centerに記載がありました。
(もしかしたらWMQ固有の内容もあるかもしれませんが、それは今後の宿題)

(メッセージ・キューイングの概要)
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSFKSJ_8.0.0/com.ibm.mq.pro.doc/q002620_.htm
メッセージングとキューイングは、定義としては知っていたものの、言葉としては使い分けできていませんでした。

名称 機能
メッセージング プログラムは、相互に直接呼び出すのではなく、メッセージ形式で相互にデータをやりとりすることによって通信を行います。
キューイング プログラムが異なるスピードおよび時間、異なる場所で、相互に論理的な結合をせずに独立した形で実行できるように、メッセージがストレージ内のキューに入れられます。

通信の度に毎回セッションを張って対向システムと同期して、などとやっていると通信も遅くなりますし、相手が死んでたら通信できないとなって無駄な待ちが発生してしまうので、そうならないように非同期でやりましょう、というのが目的。

そしてキューにも「Point-to-Point」と「パブリッシュ/サブスクライブ」があり、Amazon SNSは後者に該当する(と思われる。あとでちゃんと確認)

(こちらも後で読む)
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSFKSJ_8.0.0/com.ibm.mq.pro.doc/q004870_.htm

肝心のメッセージについては、今日はもう遅いのでまた明日以降にでも。
(一応見つけたページ。正直よくわからない)
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSFKSJ_8.0.0/com.ibm.mq.dev.doc/q022860_.htm

雑記

現在開催中のre:Invent2018の中で、人工衛星のサービスが発表されたと聞いて、「何じゃそりゃ」と思いました。どのように使うのかはあまりピンときていませんが。

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/reinvent2018-aws-ground-station/
https://gigazine.net/news/20181128-aws-ground-station/

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away