angular-cli で作成したアプリに bootstrap をインストールする

More than 1 year has passed since last update.

前回からの続きで、angular-cli で作成したアプリに bootstrap をインストールするところまで

手順

グローバルスコープで参照したいので以下を参考に行う
https://github.com/angular/angular-cli#global-library-installation

早速インストールできなかったので、調査
http://stackoverflow.com/questions/39017376/angular-cli-webpack-3rd-part-css-files

angular-cli のバージョンを上げて再インストール

npm install angular-cli@latest

次に、ng new PROJECT_NAME でアプリも再構築して、bootstrap のインストール

npm install bootstrap@next --save

"bootstrap": "^4.0.0-alpha.5" が package.json に追加されます

angular-cli.json を以下のように修正

Kobito.EFLn4f.png

修正後に ng serve をすると再ビルドされて、bootstrap が使えるようになりました。

今回の sample を GitHub に push しました。
https://github.com/kkeisuke/angular-cli-sample/commit/03cf9d100572cb5219640ae9aa2c5181c5d6f5a3

その他に気づいた点

  • 最新バージョンでは構成が変わっていました。
.
├── e2e
└── src
    ├── app
    ├── assets
    └── environments
  • ng new PROJECT_NAME でリポジトリも出来るので、かなり便利

Kobito.4UVEqf.png

Could not start watchman; falling back to NodeWatcher for file system events.