Emscripten
WebAssembly

Emscriptenでwasmじゃなくてwastが欲しいとき


背景

Fortran実装のゼータ関数をWASMにして動かしたかった件

というブログ記事で取り組んだ

FortranからのwastとEmscriptenからのwastを合せて動かそうと

試みていた際に必要になった。


Emscriptenでwastを吐かせるには

emcc -s BINARYEN_METHOD='interpret-s-expr' -o foo.js foo.c

と「-s」オプションで 「BINARYEN_METHOD='interpret-s-expr'」を

指定するとwastを吐いてもらえる。


関連記事