Help us understand the problem. What is going on with this article?

mrubyにCで追加したメソッドで文字列を返すには

More than 1 year has passed since last update.

背景

C言語で文字列を扱う場合、char*型を使うが、mrubyにC言語でメソッドを追加するような
場面では、当然mruby内で扱える型mrb_valueを返す必要がある。

要するにこのchar*からmruby内で扱える文字列型に変換する方法が、自分のGoogle力ではなかなか探しだせなかった。

メソッドで受け取った引数を加工して返す系のコードはごっそり見つかったけど、メソッド内のCの文字列を単純に返すというものがなかなか見つからなかった。

mrubyでC APIで取得した文字列を返すには

mrb_str_newを使えば出来た。

文字列の先頭アドレスと長さを指定する必要ある。

以下、謎のサンプルコード。

#ifdef __APPLE__
mrb_value get_procpathname(mrb_state* mrb, mrb_value self)
{
    int ret;
    pid_t pid;
    char pathbuf[PROC_PIDPATHINFO_MAXSIZE];

    pid = getpid();
    ret = proc_pidpath(pid, pathbuf, sizeof(pathbuf));

    return mrb_str_new(mrb,pathbuf,strlen(pathbuf));
}
#endif

関連記事

kjunichi
WebRubyがきっかけで、mrubyで実装されたhttp2サーバーのtrusterdに絡んだ事をやってみたり、ElectronのIssue眺めたり、手元で動かしたり、node.js関連。WASMも少々。投稿する記事の内容は個人の意見であり、所属する企業の見解を代表するものではありません。
https://abrakatabura.hatenablog.com/
japan-systems
「2019年に50周年を迎えたIT企業です。最先端の技術により全国の企業、官公庁、自治体に多くの実績があります。」
https://www.japan-systems.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away