search
LoginSignup
4

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

pyenvでpipで入れられないライブラリをインストールする時のオプション

背景

しつこく、続けいている最新リリース版ninix-ayaをDockerで動かそうと、Python3.4では、うまくゴーストがインストール出来なかったので、どうやら、3.3向けに開発されているようなので、pyenvを導入。

ninix-ayaで使うGPyGObjectはpipでは、Windowsプラットフォーム以外は手動で入れる必要がある。

問題点

pyenvでpythonコマンドが任意の版に変更できても./configure&&make系はデフォルトでは/usr/local等に入れられてしまう。これでは、pyenvでpythonの版が手軽に変更できても、毎度ビルドする羽目になる。

解決方法

pyenv prefixを使う

pyenvの公式ページのインストールしたpythonのアンイストール方法でのみ乗っているコマンドのpyenv prefixを使うことで解決した。

./configure --prefix=$(pyenv prefix)

こんな感じで指定する。

まとめ

もしかすると、Virtualenvを使うとこの問題解決なのかもだが、面倒くさいので今のところ使ってない。

関連記事

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
4