Edited at

mrbgemsの雛形を作る超便利ツールmruby-mrbgem-templateを使う

More than 3 years have passed since last update.


mruby-mrbgem-templateを使うとテストまでの雛形を作ってもらえる


用意するもの


  • 気合とか情熱

  • モチベーション


そこら辺がない場合


  • センス

  • Rubyの同様のモジュールのAPIや実装コード

  • mrubyのGithubのページ(検索したり、過去の経緯がわかる)


その他必要なもの


  • 作業時間(時間は作るものだから。。。)


実作業


mrubyを持ってくる

git clone https://github.com/mruby/mruby.git

cd mruby


mruby-mrbgem-templateのインストール

build_config.rbのenable_debugの直下に以下を記述

conf.gem :github => 'matsumoto-r/mruby-mrbgem-template'

作るモジュールに必要な物も予言できる人はこのタイミングで記述。

# include the default GEMs

conf.gembox 'default'

これも

# include the default GEMs

conf.gembox 'full-core'

とした方が、いろいろ便利な気がする。

(例えば、正規表現とかが使えるようになる)


mrubyをビルド

rake


create.rbの作成

mrubyディレクトリ配下にcreate.rbというファイルを作って作業する。

これ、GithubのREADME.mdの説明をコピーして

エディタで編集するのが良さそう。

params = {

:mrbgem_name => 'mruby-sugoiyatsu',
:license => 'MIT',
:github_user => 'yourname',
:mrbgem_prefix => '..',
:class_name => 'Sample',
:author => 'ANATA NO ONAMAE',
}

c = MrbgemTemplate.new params
c.create

github_userは正直に入れないとGithubをDropbox代わりに使った開発が

面倒になると思われる。


雛形生成

./bin/mruby create.rb

前述のGithubをDropbox代わりに使う開発や、有益なモジュールを

多くの方々に使ってもらう様な向きは、おもむろにWebブラウザを立ち上げるなりして、

Githubにcreate.rbで入力したパラメータに従ったリポジトリを作成し、

その後のMrbgemTemplateのお告げをありがたく実行する。


動かし方


mrubyのbuild_config.rbにモジュールのパスを追加

conf.gem '../mruby-sugoiyatsu'

をbuild_config.rbに追加するか、githubのリポジトリを指定する。


動かす

mrubyのディレクトリで

rake all test

初期状態で、テストも動く。


Travis CIの設定

travis ciのバッチもREADME.mdに貼ってくれている便利仕様なので、

travis ciの管理画面でシンクして該当のリポジトリをONにすると良い。


Link


関連投稿