Posted at

WireGuard をつかってみる

More than 1 year has passed since last update.

話題の Wireguard を使ってみます。

詳しい中身はFadis さんの発表「作って理解するWireGuard」を見るのがいいんじゃないでしょうか。


構成

今回構築してみる構成は物凄く雑ですが以下のような感じ。


Setup


Server-side

サーバ側は RaspberryPi で OS は Raspbian (stretch) で動作しているものとして仮定します。

Raspbian では Wireguard のパッケージがないので、Debian のものを利用します。

$ curl https://ftp-master.debian.org/keys/archive-key-9.asc | sudo apt-key add -

まず、Debian のパッケージ署名に利用されている鍵を追加します。

$ sudo apt update

$ sudo apt install wireguard

鍵の生成

$ wg genkey | tee privatekey | wg pubkey > publickey

$ cat publickey
MI0xoT46YvrlpudVEMC0zNTSvhFydLZsTTB+a64WPHA=
$ cat privatekey
4HtcVyAy2sk7jiTcFI7hmFkbEmEd99XK7TKbQrMUiHQ=

Add wireguard device

$ sudo ip link add dev wg0 type wireguard

Create wireguard configuration

$ cat <<EOF > /etc/wireguard/wg0

[Interface]
ListenPort = 51823
PrivateKey = 4HtcVyAy2sk7jiTcFI7hmFkbEmEd99XK7TKbQrMUiHQ=

[Peer]
PublicKey = L/lfwlWKAATzPXf8ZAarLEtq/g0bqh2jXTxbJpVmCg4=
AllowedIPs = 172.16.0.0/31, 192.168.0.0/24
EOF

ここで指定している、PrivateKey はServer sideのもので、PublicKey は Client side のものです。

後程記述しますが、Client sideでも同様に鍵の生成を行います。

AllowedIPs は、ここで指定したレンジが Wireguard で通信できる IP アドレスレンジになります。

Set wireguard config

$ sudo wg setconf wg0 /etc/wireguard/wg0

Linkup

$ sudo ip addr add 172.16.0.0/31 dev wg0

$ sudo ip link set up wg0

172.16.0.0/31 は Point-to-point な接続でのみで利用します。

(Optional) NATの設定

$ sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -o eth0 -s 172.16.0.0/31 -j MASQUARADE

必要に応じて、内部ネットワークへ接続するときはNATするとか行います。

設定をしている機器がルータであれば、特に必要ないかなと思います。

これでサーバ側のセットアップは完了です。


Client-side

Client は Gentoo Linux で動作しているものとします。

Gentoo には net-vpn/wireguard というパッケージが用意されていますので、emerge コマンドでコマンドラインツールや、カーネルモジュールをインストールすることができます。

$ sudo emerge net-vpn/wireguard

鍵の生成

$ wg genkey | tee privatekey | wg pubkey > publickey

$ cat publickey
MI0xoT46YvrlpudVEMC0zNTSvhFydLZsTTB+a64WPHA=
$ cat privatekey
IPHWHdwUx3wYwUJAOUtKLZEE/XmCFPmdXPVRTStf20E=

Add wireguard device

$ sudo ip link add dev wg0 type wireguard

Create wireguard configuration

$ cat <<EOF > /etc/wireguard/wg0

[Interface]
ListenPort = 51823
PrivateKey = IPHWHdwUx3wYwUJAOUtKLZEE/XmCFPmdXPVRTStf20E=

[Peer]
PublicKey = MI0xoT46YvrlpudVEMC0zNTSvhFydLZsTTB+a64WPHA=
AllowedIPs = 172.16.0.0/31, 192.168.0.0/24
Endpoint = 192.0.2.1
PersistentKeepalive = 25
EOF

Endpoint で指定するアドレスはサーバのグローバルIPアドレスです。

Set wireguard config

$ sudo wg setconf wg0 /etc/wireguard/wg0

Link up

$ sudo ip addr add 172.16.0.1/31 dev wg0

$ sudo ip link set up wg0

Add route

内部ネットワークである 192.168.0.0/24 は wg0 経由で通信することになります。

そのために必要なルートをルートテーブルに追加します。

$ sudo ip route add 192.168.0.0/24 via 172.16.0.0


Test connectivity

Client to Server

$ ping -c 4 172.16.0.0

PING 172.16.0.0 (172.16.0.0) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 172.16.0.0: icmp_seq=1 ttl=64 time=122 ms
64 bytes from 172.16.0.0: icmp_seq=2 ttl=64 time=138 ms
64 bytes from 172.16.0.0: icmp_seq=3 ttl=64 time=137 ms
64 bytes from 172.16.0.0: icmp_seq=4 ttl=64 time=126 ms

--- 172.16.0.0 ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3003ms
rtt min/avg/max/mdev = 122.268/131.354/138.562/7.090 ms

Client to Internal Network

$ ping -c 4 192.168.0.1

PING 192.168.0.1 (192.168.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=1 ttl=63 time=186 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=2 ttl=63 time=134 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=3 ttl=63 time=124 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=4 ttl=63 time=123 ms

--- 192.168.0.1 ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3004ms
rtt min/avg/max/mdev = 123.024/142.028/186.595/26.095 ms