JavaScript
grunt
grunt.js

Gruntfile 内で引数やオプションを受け取る方法

More than 5 years have passed since last update.


引数


  • 引数は grunt yourtask:yourchildtask:引数0:引数1 という風に指定する、指定していないサブタスクは自動的に引数として処理される

  • これが grunt.task.current.args 内に入っている

例えば、以下のタスクの場合:

grunt.initConfig({

yourtask: {
options: {
'youropt': '<%= grunt.task.current.args[0] %>'
}
}
});

grunt yourtask:unk を実行すると "unk"youropt に指定される。


オプション


  • オプションは grunt.cli.options 内に入っている


  • options は Object で、オプションだけならその指定したキーに true が、値も入れたらそれが入る

例えば、以下のタスクの場合:

grunt.initConfig({

yourtask: {
options: {
'youropt': '<%= grunt.task.cli.unk ? grunt.task.cli.unk : "" %>'
}
}
});

grunt yourtask --unk cnk なら youropt="cnk"、オプション無しなら youropt="" になる。


うまく動かんーよくわかんねー って人は

とりあえず、grunt をテンプレート変数内でダンプしてみそらしど!

<%= console.log(grunt); %>