0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

slee-Pi3(ラズパイ用電源管理/死活監視モジュール)の使用 GPIO 変更

slee-Pi3 は、ラズベリーパイの電源管理や死活監視を GPIO 経由で行います。
今回は RI 信号・IRQ 信号・HEARTBEAT 信号の GPIO 割り当て の変更方法をご紹介します。
slee-Pi3 と他デバイスの併用で GPIO が被ってしまう際に利用できる便利な機能です。

RI 信号・IRQ 信号・HEARTBEAT 信号の GPIO 割り当て変更

各信号のピン割り当ては出荷時状態だと下記のように設定されています。
・RI 信号 → 設定なし
・IRQ 信号 → GPIO 26
・HEARTBEAT 信号 → GPIO 5
詳細は、こちら を参照ください。
無題.png

今回は HEARTBEAT 信号のみのピン変更を例に紹介します。

[手順1]/boot/config.txt に追記

slee-Pi3 のパッケージが正しくインストールされているとファイル下部に下記のような記述があります。

/boot/config.txt
dtoverlay=sleepi3

下記のように","区切りで設定したいピン番号を追記します。

/boot/config.txt
dtoverlay=sleepi3,heartbeat_pin=24

保存後シャットダウンします。

[手順2]JP3 のジャンパピン付け替え

slee-Pi3 基板上の JP3 のジャンパピンを右側に付け替えます。
無題.png
以上で作業終了です。
起動後に slee-Pi3 基板上の LED1 が点滅していれば切り替え成功です。
※点滅を確認できない場合は、config.txt 追記部分の見直しや JP3 のジャンパピンが奥まで差し込まれているか確認して下さい。

各信号に対するパラメータは下記の設定も可能です。

これらは手順1と同じく config.txt に追記してください。
無題.png
以上が変更方法の紹介でした。
ご覧いただきありがとうございました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?