Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@kiyonaga

slee-Pi3(ラズパイ用電源管理/死活監視モジュール)の使用GPIO変更

slee-Pi3は、ラズパイの電源管理や死活監視をGPIO経由で行います。
今回はRI信号・IRQ信号・HEARTBEAT信号のGPIO割り当ての変更方法をご紹介します。
slee-Pi3と他デバイスの併用でGPIOが被ってしまう際に利用できる便利な機能です。
ぜひご活用ください。

RI信号・IRQ信号・HEARTBEAT信号のGPIO割り当て変更

無題.png
各信号のピン割り当ては上記のようにデフォルトで、
・RI信号 → 設定なし
・IRQ信号 → GPIO26
・HEARTBEAT信号 → GPIO5
となっています。詳細は、こちらを参照ください。

今回はHEARTBEAT信号のピン変更を例に紹介します。

[手順1]/boot/config.txtに追記

$ sudo vi /boot/config.txt

でエディタを開きます。

config.txt
dtoverlay=sleepi3

slee-Pi3のパッケージが正しくインストールされていると、
ファイル下部に上記のような記述があります。

config.txt
dtoverlay=sleepi3,heartbeat_pin=24

上記のように","区切りで追記します。

保存して、シャットダウンします。

[手順2]ジャンパピン(JP3)の付け替え

無題.png
slee-Pi3基板上のJP3ピンを右側に付け替えます。

以上で作業終了です。
起動後にslee-Pi3上の緑LEDが点滅していれば問題ありません。

※点滅を確認できない場合は、config.txt追記部分の見直しやJP3のピンが奥まで差し込まれているか確認して下さい。

その他、パラメータには下記の設定も付加できます。
無題.png
これらはconfig.txtに追記してください。

以上が変更方法の紹介でした。
slee-Pi3を使った開発にぜひお役立てください。
ご覧いただきありがとうございました。

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
kiyonaga
メカトラックスの中の人です。
mechatrax
メカトラックスはハードウエアの開発/製造を行う会社です。 これらに関連する電子回路/組込ソフト/センサー/機構など 幅広い技術分野に於いて、豊富な実績を有しています。 特に近年は、業務用途でのラズベリーパイ活用に関して、 各種機能拡張モジュールの開発・製造やこれらを組み合わせた プロトタイピング、小ロット製造等にも注力しています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?