0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

slee-Pi3(ラズパイ用電源管理/死活監視モジュール)の使用 I2C アドレス変更

slee-Pi3 は、ラズパイの電源管理や死活監視の設定を I2C 経由で行います。
今回はパワーマネジメントモジュール設定用の I2C アドレスの変更方法をご紹介します。
slee-Pi3 と他デバイスの併用で I2C アドレスが被ってしまう際に利用できる便利な機能です。

パワーマネジメントモジュール設定用のI2Cアドレス変更

slee-Pi3 のハードウエア詳細は こちら を参照ください。
I2C アドレス変更は DIPSW1 を使用します。DIPSW1 は基板上の赤丸部分に配置されています。
無題.png
出荷時状態では DIP1 , DIP2 どちらも OFF で I2C アドレスの 0x6E に設定されています。
DIP1 , DIP2 の ON , OFF の組み合わせで I2C アドレスを切り替えます。
以下の通り 0x6E , 0x6D , 0x6B に変更可能です。
無題.png

ラズベリーパイ起動後に下記コマンドを実行すると 0x6E に認識されているのがわかります。

i2cdetect -y 1

無題.png
今回は 0x6E → 0x6D への変更を例に紹介します。

[手順1]DIPSW1 の DIP 切り替え

① ラズベリーパイをシャットダウン
② DIPSW1 の DIP1 を ON 側にスライド
③ JP4 のジャンパピンを付け替える → 3ピンの内、左側2本に付ける ※JP4 詳細は こちら
④ slee-Pi3 の設定をリセットするために一度復電
⑤ JP4 のジャンパピンを元に戻して再度復電

[手順2]sleepi3 設定ファイルの書き換え

/etc/default/sleepi3 ファイル中盤の下記箇所を書き換えます。
I2C_ADDRESS=0x6E0x6D に書き換え後保存して、再起動
無題.png
再起動後に i2cdetect コマンドを実行すると 6E → 6D にアドレスが変わったのが確認できます。
無題.png
※再起動前に i2cdetect コマンドを実行しても、上記のようにアドレス変更はされますが、sleepi3ctl コマンドを実行するとエラーになりますのでご注意ください。

以上が変更方法の紹介でした。
ご覧いただきありがとうございました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?