Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@kiyonaga

slee-Pi3(ラズパイ用電源管理/死活監視モジュール)の使用I2Cアドレス変更

slee-Pi3は、ラズパイの電源管理や死活監視の設定をI2C経由で行います。
今回はパワーマネジメントモジュール設定用のI2Cアドレスの変更方法をご紹介します。
slee-Pi3と他デバイスの併用でI2Cアドレスが被ってしまう際に利用できる便利な機能です。
ぜひご活用ください。

パワーマネジメントモジュール設定用のI2Cアドレス変更

slee-Pi3のハードウエアについてはこちらを参照ください。
I2Cアドレス変更はDIPSW1にて行い、デフォルトでは以下の0x6Eに設定されています。
無題.png

$ i2cdetect -y 1

上記コマンドでも確認できます。実行すると、
無題.png
今回は[0x6E]→[0x6D]への変更を例に紹介します。

[手順1]DIPSWの変更

無題.png
DIPSWは赤丸部分に配置されています。
SWはスライド式で簡単に変更できます。

①シャットダウン
②DIPSWの"1"をON側に引き上げる
③JP4でリセットするようにピンを付け替える※設定は全てリセットされます。
④起動

[手順2]sleepi3ファイルの書き換え

$ sudo vi /etc/default/sleepi3

上記を実行して、ファイルを開きます。
無題.png
ファイル中盤に上記のような記述があります。
①"I2C_ADDRESS=0x6E"を"I2C_ADDRESS=0x6D"に書き換え、保存
②再起動

起動後にi2cdetectコマンドを実行すると、
無題.png
6E → 6D にアドレスが変わっています。

※再起動前にi2cdetectコマンドを実行しても、上記のようにアドレス変更はされますが、sleepi3ctlコマンドを実行するとエラーになりますのでご注意ください。

以上が変更方法の紹介でした。
slee-Pi3を使った開発にぜひお役立てください。
ご覧いただきありがとうございました。

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
kiyonaga
メカトラックスの中の人です。
mechatrax
メカトラックスはハードウエアの開発/製造を行う会社です。 これらに関連する電子回路/組込ソフト/センサー/機構など 幅広い技術分野に於いて、豊富な実績を有しています。 特に近年は、業務用途でのラズベリーパイ活用に関して、 各種機能拡張モジュールの開発・製造やこれらを組み合わせた プロトタイピング、小ロット製造等にも注力しています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?