Bitcon

bitcoinのデータの保存場所を変更する

More than 1 year has passed since last update.

下記3つのやり方のいずれかで変更できる。

※ Bitcoin Core Daemon version v0.16, Mac OSX 10.12


1. bitcoindの起動時に -datadir オプションを付ける

$ cd bitcoin

$ ./src/bitcoind -datadir <ディレクトリ名>


2. 設定ファイルに設定する

Bitcoin Core Config Generatorで設定ファイルを自動作成できる。


$HOME/Library/ApplicationSupport/Bitcoin/bitcoin.conf

rpcuser=hoge

rpcpassword=hoge

# 下記を追記
datadir=<ディレクトリ名>



3. ソースコード上でデフォルトの保存場所を変更する


src/util.cpp

--- a/src/util.cpp

+++ b/src/util.cpp
@@ -707,14 +707,14 @@ fs::path GetDefaultDataDir()
fs::path GetDefaultDataDir()
{
// Windows < Vista: C:\Documents and Settings\Username\Application Data\Bitcoin
// Windows >= Vista: C:\Users\Username\AppData\Roaming\Bitcoin
// Mac: ~/Library/Application Support/Bitcoin
// Unix: ~/.bitcoin
#ifdef WIN32
// Windows
return GetSpecialFolderPath(CSIDL_APPDATA) / "Bitcoin";
#else
fs::path pathRet;
- char* pszHome = getenv("HOME");
+ char* pszHome = "/";
if (pszHome == nullptr || strlen(pszHome) == 0)
pathRet = fs::path("/");
else
pathRet = fs::path(pszHome);
#ifdef MAC_OSX
// Mac
- return pathRet / "Library/Application Support/Bitcoin";
+ return pathRet / "<ディレクトリ名>";

変更後、ソースコードをコンパイルしてbitcoindを立ち上げる。


参考

Running Bitcoin