Edited at

centOS7のapache2.4.6を削除して最新版をインストールしよう

CentOS7にデフォで入っているapache2.4.6(httpd)はちょっと古いので、なるべく最新版にしましょう。特にhttp2とかやりたい人は必須らしいです!

ただ、バイナリからインストールするのはちょっと怖いし、バージョンアップもお手軽なパッケージからインストールしたいのが人の子の性...。なので、以下の手順でインストールします。



  1. IUSリポジトリをインストール

  2. 現在のhttpdの削除

  3. IUSリポジトリから、apache2.4.35のインストールをする


IUSリポジトリのインストール

centOS7の方は最初から入っているかもしれません...

sudo yum install https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm


現在のhttpdの削除と、IUSからapache2.4の最新版をインストールする

ここで、依存関係のあるパッケージが削除されますので、メモっておきます。私の場合はhttpd-toolspython36u-mod_wsgiが依存関係にあったため削除しました。

sudo yum remove httpd

kiwi@118-27-32-60:~$ sudo yum install httpd --disablerepo=base --disablerepo=updates --enablerepo=ius
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* epel: ftp.riken.jp
* epel-debuginfo: ftp.riken.jp
* epel-source: ftp.riken.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* ius: mirrors.kernel.org
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ httpd24u.x86_64 0:2.4.35-1.ius.centos7 を インストール
--> 依存性の処理をしています: httpd24u-tools = 2.4.35-1.ius.centos7 のパッケージ: httpd24u-2.4.35-1.ius.centos7.x86_64
--> 依存性の処理をしています: httpd24u-filesystem = 2.4.35-1.ius.centos7 のパッケージ: httpd24u-2.4.35-1.ius.centos7.x86_64
--> 依存性の処理をしています: httpd24u-filesystem = 2.4.35-1.ius.centos7 のパッケージ: httpd24u-2.4.35-1.ius.centos7.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libapr15u-1.so.0()(64bit) のパッケージ: httpd24u-2.4.35-1.ius.centos7.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libapr15uutil-1.so.0()(64bit) のパッケージ: httpd24u-2.4.35-1.ius.centos7.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libnghttp2.so.14()(64bit) のパッケージ: httpd24u-2.4.35-1.ius.centos7.x86_64
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ apr15u.x86_64 0:1.5.2-2.ius.centos7 を インストール
---> パッケージ apr15u-util.x86_64 0:1.5.4-3.ius.centos7 を インストール
---> パッケージ httpd24u-filesystem.noarch 0:2.4.35-1.ius.centos7 を インストール
---> パッケージ httpd24u-tools.x86_64 0:2.4.35-1.ius.centos7 を インストール
---> パッケージ libnghttp2.x86_64 0:1.31.1-1.el7 を インストール
--> 衝突を処理しています: httpd24u-tools-2.4.35-1.ius.centos7.x86_64 は httpd-tools < 2.4.35 と衝突しています
--> 依存性解決を終了しました。
エラー: httpd24u-tools conflicts with httpd-tools-2.4.6-80.el7.centos.1.x86_64
問題を回避するために --skip-broken を用いることができます。
これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

# 依存関係のエラーが出た場合、解決する
sudo yum remove httpd-tools python36u-mod_wsgi
sudo yum remove httpd

デフォルトだとbaseupdatesを参照してしまうので、--disablerepoのオプションで無効化します。

また、IUSの利用を強制する場合、--enablerepoオプションで有効化します。

sudo yum install httpd --disablerepo=base --disablerepo=updates --enablerepo=ius


httpd.conf

初期設定では新しいhttpd.confに置き換わっているので、前まで使っていたhttpd.confに戻しましょう。

httpdの削除時だかインストール時に(適当)yum/etc/httpd/conf/httpd.confをバックアップしておいてくれるので、それに戻しておきます。

cd /etc/httpd/conf

sudo mv httpd.conf.rpmsave httpd.conf


httpdの起動

自動起動とデーモンの起動を設定します。失敗した場合、ログを確認するなり、systemctl status httpdで調べましょう

sudo systemctl enable httpd

sudo systemctl start httpd

終わり!