Help us understand the problem. What is going on with this article?

導電布 nüno と ワイヤレススピーカーシステム Sonos をノンコーディングで連携させてみた。

リビングのソファーに腰掛けると音楽が聴こえてくる体験を試してみます。
ソファーの肘置きに導電布 nüno を仕込んでワイヤレススピーカーシステム Sonos をノンコーディングで連携させてみました。

SONOS Japan User Group に他の記事もあるので参考になります。

必要なもの

  • nüno + M5StickC
  • Sonos スピーカー (Sonos アカウント)
  • IFTTT アカウント
  • shiftr.io アカウント (MQTTブローカーサービス)
  • enebular アカウント (Node-RED)

構成

ソファーの肘置き (nüno) に触れたら M5StickC から MQTT でデータを送信 (Publish) します。
enebular (Node-RED) は MQTT からデータを受信 (Subscribe) したら Sonos で音楽を再生することを IFTTT へ要求します。
M5StickC から直接 IFTTT へ要求することも可能ですが、連携部分をノンコーディングで実装する目的で、間に enebular (Node-RED) を配置しています。
スクリーンショット 2020-01-10 13.48.17.png

実装

スクリーンショット 2020-01-10 13.48.43.png

nüno + M5StickC、shiftr.io 部分

導電布とM5StickCを繋いで動かしてみるハンズオンのイベント資料の方法で実装します。

IFTTT 部分

Webhooks と Sonos のサービスを連携させる設定を行います。
最初にExplore から検索してサービスを登録します。
IFTTT_webhook連携_01.png IFTTT_Sonos連携_01.png
IFTTT_00.png

次にアプレットを作成します。
This に Webhooks を選択し、Event Name (イベント名) を登録します。
applet.png IFTTT_00.png

That に Sonos の Play Stream サービスを選択し、Event Name (イベント名) 、Play Stream (再生する音楽 (mp3 ファイルの URL) とルーム名 (Sonos スピーカー)) を登録します。
IFTTT_02.png

同様に That に Sonos の Pause サービス (音楽再生を一時停止する) を選択したアプレットを登録します。

最後に My Applets 画面で作成したアプレットがすべて登録されていることを確認します。
IFTTT_05.png

enebular (Node-RED) 部分

enebular (Node-RED) で nüno + M5StickC、shiftr.io と IFTTT を連携させます。
最初に enebular (Node-RED) で パレットの管理から IFTTT ノードを追加します。
スクリーンショット 2020-01-11 17.01.31.png
スクリーンショット 2020-01-11 16.58.14.png

MQTT in ノードと IFTTT ノードをつなげます。
MQTT in ノードと IFTTT ノードの間に switch ノードを挿入し、例えば nüno に手を触れている間は音楽を再生し、 nüno から手を離したら音楽再生を一時停止するフローです。
スクリーンショット 2020-01-11 17.35.04.png

まとめ

普段の生活の中で普段と変わらない所作に豊かな体験が加わるといいですね。
Listen Better!
みなさまにも良き音を!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした