Edited at

ngrokを使用してローカル環境を外部に公開する

More than 1 year has passed since last update.

ちょっと記事で紹介されていて面白そうだったので、

使用方法など自分用メモです。


インストール

下記のコマンドを実行する。

$ brew install ngrok


上記のコマンドでダメだった場合

$ brew cask install ngrok


ngrokを実行

ngrokの後にローカルで起動しているページのポート番号を入れ起動する。

$ ngrok http 3000

実行して下記様な文字が出れば起動成功。

Tunnel Status                 online                                                    

Version 1.7/1.7
Forwarding http://77f81e21.ngrok.com -> 127.0.0.1:3000
Forwarding https://77f81e21.ngrok.com -> 127.0.0.1:3000
Web Interface 127.0.0.1:4040
# Conn 0
Avg Conn Time 0.00ms


ポート番号


localhost後の数字

http://localhost:3000/



ローカル環境へ外部からアクセス

乱数のURLが表示されるので、これでどこからでもアクセス出来る。


localhost後の数字

http://77f81e21.ngrok.com



サブドメインを使用したい!

乱数だと分かりにくいから、サブドメインを指定したい場合の手順。


ngrokにSign up

下記のURLへアクセスしてSign upします。

無料で登録可能です。2.0は有料です。1.0は無料で使用できます。

2017年12月の時点では有料プランのみの提供になっているようです。

https://ngrok.com/


authtokenを実行する

下記のURLにアクセスするとauthtokenがあるので、

そこに表示されているコマンドを実行する。

https://dashboard.ngrok.com/

$ ngrok -authtoken ***** 3000

一度起動に成功したら、一度ngrokを止めて、

次の下記のコマンドを実行するとサブドメインを使用できる。

$ ngrok -subdomain=kitaro 3000

Tunnel Status                 online                                                    

Version 1.7/1.7
Forwarding http://kitaro.ngrok.com -> 127.0.0.1:3000
Forwarding https://kitaro.ngrok.com -> 127.0.0.1:3000
Web Interface 127.0.0.1:4040
# Conn 0
Avg Conn Time 0.00ms

表示されるURLが乱数ではなくなるので、

これで下記のURLでどこからでもアクセス出来る。

http://kitaro.ngrok.com