SublimeText
sftp
rsub

SublimeText2/3でリモートファイルを編集するための、SFTPよりライトなもう1つの方法(rsub)

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

SublimeText2/3でリモートファイルを編集するとき、SFTPはとても素晴らしい機能を提供してくれます。リモートファイルの直接編集はもちろん、ディレクトリごとローカルと同期できるため、SublimeTextの検索機能をフル活用することができます。

ただ、デメリットとして挙げるならば

  • ディレクトリごと同期する必要があるのでとても時間がかかる
  • 有償($20)である

といった点があります。

  • ディレクトリごと同期しなくて良いので、単体のファイルだけサクっと手元のSublimeTextで編集したい
  • Transmitなどではなくターミナルから立ち上げたい
  • FTPはセキュアじゃないからいやだ
  • お金をかけたくない

といった方には、もしかしたらrsubがちょうどよい選択肢になるかもしれません。

rsubとは?

rsubは、手元のSublimeTextを使い、SSH経由でリモートファイルの編集を可能とするSublimeTextプラグインです。

SSHでリモートサーバに繋いでいる時に、

$ rsub file_to_edit.html

といった具合に編集したいファイルを指定すると、手元のSublimeTextで該当するファイルを開いてくれます。

rsubの導入方法

rsubパッケージをインストール

SublimeText上で「command + shift + P」を押し、「Package Control: Install Package」を選びます。

パッケージリストが出てくるので、「rsub」を選択してインストールします。

~/.ssh/config を修正

手元のマシンの ~/.ssh/config を開き、以下の行を追加します。

Host [対象のリモートサーバのホスト名]
    RemoteForward 52698 127.0.0.1:52698

リモートサーバにrsubをインストール

編集作業を行いたいリモートサーバにて、rsubをインストールします。
同時に、インストールしたrsubを実行可能にします。

$ sudo wget -O /usr/local/bin/rsub https://raw.github.com/aurora/rmate/master/rmate
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/rsub

SublimeTextを立ち上げた状態で、リモートサーバでrsubを叩く

手元のマシンでSublimeTextを立ち上げた状態で、リモートサーバにSSHし、編集したいファイルを

$ rsub file_to_edit.html

といった感じにrsubで叩きます。

指定したファイルが、手元のSublimeTextで開きます。


以上です。

おかしなところや、便利な使い方を知ってるよ、という方がいらっしゃいましたら、是非教えてもらえると嬉しいです。