Help us understand the problem. What is going on with this article?

Redux入門 5日目 Reduxの基本・Data Flow(公式ドキュメント和訳)

More than 3 years have passed since last update.

前回 Redux入門 4日目 Reduxの基本・Stores

今回はReduxのデータの流れをおさらいします。

Reduxのデータフローの基本は、一方向ということです。
すべてのReduxアプリケーションでのデータのライフサイクルは以下の4つのステップをたどります。

1. store.dispatch(action)を呼ぶ
スクリーンショット 2015-11-22 23.33.31.png

  • actionは「何をする」という内容を持ったオブジェクト。
  • store.dispatch(action)はアプリケーション上のどこからでも読み出すことが出来ます。

2. storeは受けたactionと現在保持しているstateをreducerへ渡す
スクリーンショット 2015-11-22 23.55.04.png

  • reducerはactionとstateを元に、新しいstateを作成して返すメソッド
  • reducerのメソッドは副作用を起こさないものでなければならず、Aというstateに対して毎回必ずBというstateを返すような関数でなければならない スクリーンショット 2015-11-22 23.33.49.png

3. 子reducerの返したstateを親reducerがまとめて一つのツリー状のstateを返す
スクリーンショット 2015-11-22 23.34.10.png

  • stateのプロパティはツリー状になっており、reducerはプロパティに対応した子reducerが処理し、また一つのツリー状のstateとして返す。
  • 親reducerをどのように実装するかは自由。Reduxでは、reducerを分割するためのcombineReducers()をヘルパーとして提供しています。

4. reducerが作成した新しいstateをstoreが保存するスクリーンショット 2015-11-22 23.34.22.png

  • store.subscribe(listener) でリスナーを登録した場合、リスナーではstore.getState()で現在のstateを取得してreducerが呼び出される。

続きRedux入門 6日目 ReduxとReactの連携

kitagawamac
フロントエンドエンジニア speakerdeck https://speakerdeck.com/kitagawa312
toreta
飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」、超直前予約アプリ「トレタnow」を開発・提供するスタートアップ企業です。
https://corp.toreta.in
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした