Help us understand the problem. What is going on with this article?

【GitHub】SSHキー作成で手こずったこと

Episode1: 普段使ってるGitHubから警告が来ていた。

Potential security vulnerability found in the rack dependency

ふぁ!?
怖いのでSSH Keyを設置しておいた方が良いなと思い始めた。
関係ないと思うけど。

→セキュリティチェックのため自動でPullRequestが来るみたい
→Mergeして解決しました。

Episode2: あ、そんな簡単にできるの?

他の記事をみていたら、なんだかややこしいことがたくさん書いてあったのですが、先ほどの記事を見たら、「あっ、もうその手順なの?」っていうスピード感でした。

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "example@example.com"
※exampleには自分のメアドを入れる

$cd ~/.ssh

$ssh-keygen -t rsa

↓ そうすると出てくるので、.pubの名前とパスワードを決める。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/(username)/.ssh/id_rsa):id_git_rsa
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

$ pbcopy < ~/.ssh/先ほど決めた名前.pub

https://github.com/settings/ssh
で公開鍵の設定する

$ ssh -T git@github.com
で接続を確かめる

でもだめっぽい
ssh: Could not resolve hostname github: nodename nor servname provided, or not known

https://teratail.com/questions/15347 を見てみる

$ eval "$(ssh-agent -s)"
> Agent pid なんとか

$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa(自分で設定した名前)

パスワード聞かれる

おk

接続はできたかもしれないけど、まだプッシュしようとしてもパスワードを聞かれない。







Episode0: 詰まった話

.sshはどこにある?

ここを参考にしてGitHubのSSHキーを作成しようとしていた時の話。

鍵を入れるフォルダに移動するところから始まるが

$cd ~/.ssh

そのフォルダが見つからなくてfindコマンドを使おうとしたが、
この記事を参考にして
find .-name 'ssh'とコマンドラインに打ち込んでもダメだった。

find . -name 'ssh'

のように、.の前後に空白が必要だった。

→ 大量に検索かかってめっちゃ重くなったw

id_rsaが見つからないって出る...

このせいでSSH接続が終わらない...

そんなとき!
この記事を見つけました
GitHubでssh接続する手順~公開鍵・秘密鍵の生成から~

しかし…
鍵を作るときに名前を指定していれば、うまくいかないかもしれません。
それは、ssh接続の際「~/.ssh/id_rsa」、「~/.ssh/id_dsa」、「~/.ssh/identity」しか
デフォルトでは見にいかないからです。

なるほど...!!
Enter file in which to save the keyと言われていた時に、自分の好きな名前にしていたのが原因でした。

kitagawa_shouri
プログラミング初心者 / 2019新卒 エンジニア
https://github.com/sk10sk15
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした