Help us understand the problem. What is going on with this article?

Angular2のドキュメントを読む

More than 5 years have passed since last update.

angular.ioのちゃんとしたドキュメントの方ではなく、angular/angularに入っているdgeniで生成される方のドキュメントの話です。
まだ、ちゃんとしたドキュメントの方ですら読みきっていないですが、grunt-dgeniとか作ってる身としては、こちらの方が気になります。

プロジェクトを準備する

$ git clone https://github.com/angular/angular.git
$ cd angular
$ npm install

まずはクローンしてドキュメントを生成できる準備をします。

ドキュメントを生成する

$ gulp docs

これでdist/docs以下にドキュメントが生成されました。

ドキュメントサーバーを立てる

$ npm install -g koko
$ cd dist/docs
$ koko

ぱっと見ではドキュメントサーバーのタスクが見当たらなかったので、kokoを使って簡易サーバーを立ち上げます。kokoを実行すると[listen 55083]というように立ち上げたポート番号が表示されますので、http://localhost:55803のように指定のポート番号をブラウザで開きます。

追記(2015/04/24)

コメントで頂きましたがドキュメントサーバーのタスクあります。

$ gulp docs/serve

読む

image

読めました!

中身としてはangular.ioのdocs+αという感じで読み応えがある部分はdocsと一緒ですね。(見つけきれてないだけで何か取り込むフローがあるのかもしれません)

おわりに

全く関係ないですが、ドキュメントを読んでてShadowCssというクラスが凄い気になっています。Shadow DOMと同じようなノリでCSSも弄れるようになるのでしょうか。JS上で上手くCSSの管理できるなら楽しそうなのです。

kinzal
PHPやったり、JSやったり、AWSやったり、CI環境構築したり、絵描したり、幽体離脱したり。そんな人。
http://about.me/kinzal
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした