Help us understand the problem. What is going on with this article?

LXCのストレージバックエンドでbtrfsを使う

More than 3 years have passed since last update.

ベースはこれ。
http://qiita.com/kinumi/items/024dde6a39d23dbb90b7

これで入れたlxcのストレージバックエンドにbtrfsを使えるようにする。
btrfsにすることで、クローンやスナップショットが便利になる。

btrfsパーティションの準備

すべての領域を使ってXubuntuをインストールしてあるため、
btrfsのパーティションを作るために既存のパーティションを縮小する。

この作業はXubuntuのライブUSBでブートして行う。

1. 既存パーティションの縮小

  • GPartedを起動
  • /dev/sda1を右クリックし「Resize/Move」
  • 「New size」を「20480」(20GB)に変更して「Resize/Move」
  • 「Apply All Operations」で適用

こんな感じ
縮小結果

2. 新規パーティションの作成

  • unallocatedな領域を右クリックし「New」
  • 「Filesystem」に「btrfs」を選択して「Add」
  • 「Apply All Operations」で適用

こんな感じ
作成結果

btrfsパーティションの設定

この作業は通常どおりXubuntuをブートして行う。

1. btrfs-toolsの導入

btrfs-tools導入
$ apt-get install btrfs-tools

2. サブボリュームの作成、マウント

こちらを参考に実施
http://gihyo.jp/admin/serial/01/linux_containers/0020

サブボリュームの作成、マウント
$ sudo mkdir /mnt/temp
$ sudo mount /dev/sda3 /mnt/temp
$ cd /mnt/temp
$ sudo btrfs sub create lxc
$ sudo btrfs sub create lxcsnaps
$ sudo vi /etc/fstab #下記参照
$ sudo mount -a
$ sudo umount /mnt/temp
$ sudo rm -r /mnt/temp
fstabに追記する内容
/dev/sda3 /var/lib/lxc      btrfs subvol=lxc      0 0
/dev/sda3 /var/lib/lxcsnaps btrfs subvol=lxcsnaps 0 0

コンテナの作成

こんなかんじで使える

コンテナの作成
$ sudo lxc-create -n test -t ubuntu -B btrfs
$ sudo lxc-ls
test
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした