search
LoginSignup
1

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Unity:GPU インスタンシング(Instancing) を WebGL がおかしい

はじめに

こんにちは、のんびりエンジニアのたっつーです。
ブログを運営しているのでよろしければ見てください。

Unityの高速化の一般的な手法、GPU インスタンシングを使ってパフォーマンスを改善するようなデモを作成したので動作してみてください。 また、WebGLで出力した場合も有効かどうか確認し有効でしたので合わせてデモページもありますので各自の環境で試してみてください。

Link

実装手順

こちらを参照してください
Unity:GPU インスタンシング(Instancing) を WebGL で実行する

何がおかしいのか

初期表示が遅い

GPU Instancing無効:Unityロゴが表示後にすぐに表示される
GPU Instancing有効:Unityロゴが表示後に10秒くらいかかる。

操作ができない

GPU Instancing無効:マウスでの操作ができる。
GPU Instancing有効:マウスでの操作が鈍すぎて実用に耐えない。

FPSはでている

GPU Instancing無効:20fps くらい
GPU Instancing有効:50fps くらい

若干の解決(2019/01/28追記)

「Quality」の設定からレベルを下げる事により本現象が若干和らいだので追記しておきます。

WS000002.JPG

WS000003.JPG

どちらがいいの?

あまり検証していないが、GPU Instancing を有効にしたオブジェクトを使いすぎると初期表示の遅さ、操作時の引っ掛かりがあり実用するのであれば無効も考えた方がよさそう。
バランスを見て有効・無効の割合をチューニングする必要がありそう。

終わりに

よければ ブログ「初心者向けUnity情報サイト」の方にも色々記載しているのでぜひご参照いただければと思います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1