Help us understand the problem. What is going on with this article?

Visual Studio Codeで簡単にショートカットキーを変更する方法

環境

  • Visual Studio Code: Version 1.20.1
  • OS: Mac OS High Sierra Version 10.13.2
  • 言語設定: OS, VSCode 共に English

Mac以外の方は適宜ショートカットを変更してください。

※2018年2月18日時点のVersion 1.20.1の内容なので、ショートカットや画面は現在とは変わっている可能性があります。

やり方

shift+cmd+p でコマンドパレットを開く。key と打って表示される Preferences: Open Keyboard Shortcuts を選択してキーバインド一覧(というよりアクション一覧?)を表示。
cmd+k cmd+s (cmd+k 入力した後に cmd+s) でも表示されます。

1.png

キーバインドを変更または追加したいアクションを検索し、左の鉛筆マークをクリックするか該当アクションをダブルクリック。

2.png

ポップアップが出るので希望するキーバインドを入力してエンター。

3.png

以上です。

この作業で keybindings.json に変更が追加されています。

4.png

もちろんこのファイルを自分で編集してもいいのですが、めんどくさい&間違えやすいので、Preferences: Open Keyboard Shortcuts から変更した方が楽かと思います。when だけはこちらで細かく設定するといいかもしれませんね。

その他

keybindings.json を開いているときに cmd+k cmd+k (cmd+kを二回) と入力すると、キーバインドを入力するポップアップが出ます。そこでキーバインドを入力してエンターを押すと、以下のコードが挿入されます。あとは commandwhen を自分で設定すればOKです。
知っておくと便利かもしれません。

keybindings.json
{
  "key": "入力したキー",
  "command": "commandId",
  "when": "editorTextFocus"
}

参考

キーバインドについて詳しくは公式ドキュメントをご覧ください。
Visual Studio Code Key Bindings

kinchiki
プログラミングは少し好きです。2018年10月より職種がエンジニアではなくなりました。 シェルスクリプトを書くのが一番好きです。得意ってわけではないですしほとんど書ことはありませんが、効率化してる感を一番得られます。
http://kinchiki-it.hatenablog.jp
linkbal
街コンポータルサイト「machicon JAPAN」やマッチングサービス「CoupLink」などを開発・運営しています。
https://linkbal.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした