Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
13
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@kikpond15

micro:bitとProcessingでSerial通信して可視化する

はじめに

バイト先のプログラミング教室でmicro:bitを少し触り、楽しかったので色々試しています.
フィジカルコンピューティング系はやっぱり可視化したくなっちゃうのでProcessingとSerial通信してみました.

今回はmicro:bitに可変抵抗を繋いで,読み取った値をProcessingに送り,円の大きさを変える,ということをやります.

[追記:2021/04/03]
こちらの方法でもSerial通信出来ますので、使いやすい方をお試し下さい。
micro:bitの加速度をProcessingへ送り可視化する

また、この記事ではmicrobitからProcessingへ数値を送信していますが、反対にProcessingからmicrobitへ値を送りたい場合はこちらの記事を参考にしてみて下さい。
micro:bitとProcessingでメディアアート入門

micro:bit

micro:bitの「高度なブロック」の中に「シリアル通信」のブロックがあるのでそれを使います.
スクリーンショット 2020-01-12 20.06.55.png

Processing

import processing.serial.*;
Serial microbit;

float val = 0;

void setup() {
  size(640, 480);
  String portName = Serial.list()[1];
  println(portName);
  microbit = new Serial(this, portName, 115200);
  microbit.clear();
  microbit.bufferUntil(10);
}

void draw() {
  background(0);
  ellipse(width/2, height/2, val, val);
}

void serialEvent(Serial microbit) {
  String str = microbit.readStringUntil('\n');
  str = trim(str);
  println(str);
  int sensors[] = int(split(str, ' '));
  println("sensors[0], "+ sensors[0]);
  val = map(sensors[0], 0, 1023, 0, 500);
}

配線

配線にワニ口-オスピンの自作ジャンプワイヤーを使いましたが,micro:bitの変換基盤も売っているので,それ使うとやりやすいと思います.

IMG_0963.JPG

実行結果

つまみをグリグリやると円の大きさが変わります.

スクリーンショット 2018-02-22 18.06.55.png

スクリーンショット 2018-02-22 18.07.08.png

最後に

今回は簡単にSerial通信を試しましたが,色々と使えそうな気がしました.
通信の速度は通常で115200になっているみたいです.

冒頭でも書きましたがこちらの記事も参考にしてみて下さい。
micro:bitの加速度をProcessingへ送り可視化する
micro:bitとProcessingでメディアアート入門

13
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
13
Help us understand the problem. What is going on with this article?