Edited at

Puppet Camp Tokyo 2016 のメモ

More than 3 years have passed since last update.

Puppet Camp Tokyo 2016 のメモです。

記憶をもとに書いているため、発表者の意図と違う可能性もあります。

ちなみに、Puppetに限った内容ではないです。


DevOps?


  • ソフトウェアを提供するためのパイプライン全体の最適化

  • リニアでなく、基本的にはサイクル

  • サイクルの最適化


自動化


  • テストは完全に自動化すべき

  • アプリケーションが動くことを常に保障することが大切

  • 手作業はなくすこと


どこから自動化するか


  • コアインフラ

  • アプリケーションインフラ

  • プロビジョニング

  • (アプリケーションのオーケストレーション)

の順番。ちょっとずつやって、変化をどんどん積み上げる。


その他


  • "より優れたソフトウェアを、より迅速に提供する"

    それをシンプル、スケーラブル、かつ安全に行うためには、

    プロセスを変えていかなければならない


  • システムを把握できる状態に保つことは、大きな価値がある


  • 把握できていれば変更が容易で、ビジネスとしても速く動くことができる



所感

ここからは、個人的な感想です。

単に自動化というより、CI/CDを含めたプロセスの最適化が重要というのが印象に残りました(すべての発表が、そういう内容だったわけではないです…)。

Puppetを使えばコストが下がるというよりは、変更をより迅速にするための手段の1つがPuppetかと思います。変化に柔軟に対応するために、(実際には小さなシステム変更をともなう)予行演習やメンテナンスを、日々、繰り返すのが大切ですという印象でした。