Facebook
Xcode
SDK
Swift

SwiftでFacebook SDKを使用したログイン機能(Xcode6 beta6)

More than 3 years have passed since last update.

fblogin_swift.gif

概要

  • FacebookログインをSwiftで書く
  • ユーザーの画像も表示してみる
  • 表示する画像はトリミング後、円形で表示する

Facebook SDKの準備

  • まず、こちらからFacebook SDKをインストールしてきます。
  • インストールしてきたFacebookSDK.frameworkをプロジェクトに取り込みます。
  • Xcodeの左メニューから、プロジェクトをクリックし、Generalタブの下の方にある"Linked Frameworks and Libraries"から、"+"ボタンを押して、先ほどインストールしたSDKを取り込みましょう。

SKDのインポート

  • cmd+Nで新しいファイルを作成します。
  • Header Fileを選択し、適当な名前をつけましょう(ここではBridge-Header.hとしました。)
  • 作成したHeader Fileに下記を追加します。
Bridge-Header.h
#import <FacebookSDK/FacebookSDK.h>

FB DeveloperでiOS Appsを作成

  • https://developers.facebook.com/ から、Create New AppでiOS用のアプリを作ります
  • App IDを控えます。
  • 控えたApp IDをinfo.plistの"Information Property List"に追加します。(info.plistはSupporting Filesに入っています)
    • Keyは"FacebookAppID"、Typeは"String"、Valueは先ほど控えたApp IDを入力します。

以上で基本的な設定は終了となり、あとはコードを書いていきます。

FBログイン機能の土台作成

  • VCを下記のように書き換えます。(ログインやログアウトの処理)
VC.swift
    @IBOutlet var fbLoginView : FBLoginView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

         self.fbLoginView.delegate = self
        self.fbLoginView.readPermissions = ["public_profile", "email", "user_friends"]

    }


    // Facebook Delegate Methods
    func loginViewShowingLoggedInUser(loginView: FBLoginView!) {

        println("User Logged In")

    }

    func loginViewFetchedUserInfo(loginView: FBLoginView!, user: FBGraphUser!) {

        println(user.name)

    }

    func loginViewShowingLoggedOutUser(loginView: FBLoginView!) {

        println("User Logged Out")

    }

    func loginView(loginView: FBLoginView!, handleError error: NSError!) {

    }
  • 次にStoryboardでUIViewを追加し、上記のIBOutlet var fbLoginViewと紐付けます。

  • AppDelegate.swiftも変更します。

AppDelegate.swift
func application(application: UIApplication!, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: NSDictionary!) -> Bool {

        FBLoginView.self
        FBProfilePictureView.self

        return true
    }

この状態でシミュレーターを起動すると、FBログインボタンが表示され、実際にログイン、ログアウトが可能です。
コンソールでユーザー名等が表示されているのが確認できます。

ユーザー画像の取得(Facebookユーザープロフィール画像)

  • プロフィール画像を取得して、若干装飾を加えます。
  • また、ユーザーのメールアドレスも取得します。
VC.swift
    @IBOutlet var currentUserName : UILabel!
    @IBOutlet var currentUserEmail : UILabel!
    @IBOutlet var userImage : UIImageView!

    func loginViewFetchedUserInfo(loginView: FBLoginView!, user: FBGraphUser!) {

        var profileImage = UIImage(data: NSData(contentsOfURL: NSURL(string: "https://graph.facebook.com/\(user.objectID)/picture?type=large"))) // プロフィール画像の取得
        userImage.clipsToBounds = true // 画像にレイヤーをつけて、
        userImage.layer.cornerRadius = 60 // 円形にする

        userImage.image = trimPicture(profileImage) // 画像をトリミング
        currentUserName.text = user.name
        currentUserEmail.text = user.objectForKey("email") as String

    }

    .
    .
    .

    // プロフィール画像のトリミングするための関数
    func trimPicture(rawPic:UIImage) -> UIImage {
        var rawImageW = rawPic.size.width
        var rawImageH = rawPic.size.height


        var posX = (rawImageW - 200) / 2
        var posY = (rawImageH - 200) / 2
        var trimArea : CGRect = CGRectMake(posX, posY, 200, 200)

        var rawImageRef:CGImageRef = rawPic.CGImage
        var trimmedImageRef = CGImageCreateWithImageInRect(rawImageRef, trimArea)
        var trimmedImage : UIImage = UIImage(CGImage : trimmedImageRef)
        return trimmedImage
    }

これで下記のような状態になるかと思います。

スクリーンショット 2014-08-26 05.47.38.png

次にやってみること

  • ログアウト後の処理
  • parse.comとの連携