Help us understand the problem. What is going on with this article?

便利なRubyイディオム

More than 3 years have passed since last update.

「Rubyならこう書く」あれこれ

  • Arrayオブジェクト
  • Rangeオブジェクト
  • ブロックとProcオブジェクト
  • シンボルとハッシュ
  • クラスとコンストラクタ

(追記)
ブロックとProcオブジェクトについては、長くなったので以下に分離しました。

[Ruby基礎] ブロックとProcをちゃんと理解する
http://qiita.com/kidachi_/items/15cfee9ec66804c3afd2

配列(Array)

要素の操作

#配列要素の分割
> "foo bar bazz".split
=> ["foo", "bar", "bazz"]

#配列要素の指定文字列での分割
> "fooxbarxxxxbazz".split('x')
=> ["foo", "bar", "", "", "", "bazz"]

#配列要素の順番入れ替え
> "foo bar bazz".split.reverse
=> ["bazz", "bar", "foo"]

#配列要素の順番入れ替え
> a = "foo bar bazz".split.shuffle
=> ["bar", "foo", "bazz"]

要素の追加

#配列要素の追加
> a.push(8)
=> ["bar", "foo", "bazz", 8]

#配列要素の追加2
> a << 10
=> ["bar", "foo", "bazz", 8, 10]

#配列要素の追加3(chain)
> a << 'fuga' << 'moga'
=> ["bar", "foo", "bazz", 8, 10, "fuga", "moga"]

#配列要素の結合
> a.join
=> "barfoobazz810fugamoga"

#配列要素の結合2
> a.join(', ')
=> "bar, foo, bazz, 8, 10, fuga, moga"

範囲(Range)

範囲から配列生成

#「.」2つで後方の要素(9)を含む
> (0..9).to_a
=> [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

#「.」3つで後方の要素(9)は含まない
> (0...9).to_a
=> [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8]

配列要素を範囲で指定して取得

#文字列を配列に変換
> b = %w[foo bar baz fuga moga]
=> ["foo", "bar", "baz", "fuga", "moga"]

#配列から指定範囲を取り出す
> b[0..2]
=> ["foo", "bar", "baz"]

配列要素を範囲で指定して取得2

#配列へ変換
> c = (0..9).to_a
=> [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

#配列の最後の要素指定
> c[5..(c.length-1)]
=> [5, 6, 7, 8, 9]

#配列の最後の要素指定2
> c[5..-1]
=> [5, 6, 7, 8, 9]

その他

#範囲は文字列に対しても利用出来る
> ('a'..'e').to_a
=> ["a", "b", "c", "d", "e"]

ブロック

分かりづらかったので少し丁寧に。

  • ブロックとは何か
  • yield、Procとは何か
  • Proc補足
  • で、ブロックやProcって何が嬉しいの?

の順でいきます。

(追記)
本項は以下を参照。

[Ruby基礎] ブロックとProcをちゃんと理解する
http://qiita.com/kidachi_/items/15cfee9ec66804c3afd2

シンボル

文字列と近いが、少々性質が異なる。
内部的な比較の際、文字列は1文字ずつ比べる必要があるが、
シンボルは一度に全体を比較可能。
→ハッシュ等のキーとして理想的な性質。

#文字列は分割できる
>> "name".split('')
=> ["n", "a", "m", "e"]
#シンボルは分割できない
>> :name.split('')
NoMethodError: undefined method `split' for :name:Symbol

#文字列は(分割して)reverseできる
>> "foobar".reverse
=> "raboof"
#シンボルは(分割して)reverseできない
>> :foobar.reverse
NoMethodError: undefined method `reverse' for :foobar:Symbol

Ruby 1.9以降では、シンボルをキーとして扱う場合の特別な記法をサポート。
以下の二つは同義。

{ :hoge => 'hoge', :fuga => 'fuga'}
{ hoge: 'hoge', fuga: 'fuga'}

よって以下二つも同義。

>> h1 = { :name => "hogefuga", :email => "foo@example.com" }
=> {:name=>"hogefuga", :email=>"foo@example.com"}

>> h2 = { name: "hogefuga", email: "foo@example.com" }
=> {:name=>"hogefuga", :email=>"foo@example.com"}

>> h1 == h2
=> true

ハッシュがよりスムーズに記述できる。

ハッシュをブロックに渡す

>> hash = { success: "It worked!", error: "It failed." }
=> {:success=>"It worked!", :error=>"It failed."}

>> hash.each do |key, value|
>>   puts "Key #{key.inspect} has value #{value.inspect}"
>> end
Key :success has value "It worked!"
Key :error has value "It failed."

→ブロックにはkeyとvalueの二つが渡ることになる。

※inspectはオブジェクトを可視化して返す
inspectを用いない場合、

>> hash.each do |key, value|
>>   puts "Key #{key} has value #{value}"
>> end
Key success has value It worked!
Key error has value It failed.

こうなる。

Railsに現れるRuby

上のハッシュの知識をもとに、Rails内で使うRubyの記述を読み解いてみる。

cssを出力するタグの例

<%= stylesheet_link_tag "application", media: "all",
                                       "data-turbolinks-track" => true %>

いくつか特徴がある。

  1. メソッド呼び出しの丸かっこは省略可能。 →以下は同義
stylesheet_link_tag("application", media: "all",
                                   "data-turbolinks-track" => true)
stylesheet_link_tag "application", media: "all",
                                   "data-turbolinks-track" => true
  1. 最後の引数がハッシュの場合、波括弧は省略可能。 →以下は同義
stylesheet_link_tag "application", { media: "all",
                                     "data-turbolinks-track" => true }
stylesheet_link_tag "application", media: "all",
                                   "data-turbolinks-track" => true
  1. シンボルではハイフンを使用できない (mediaは「media:」という新式の記法なのに、data-turbolinks-trackは 「"data-turbolinks-track" =>」という旧式記法である理由)
data-turbolinks-track: true  #NG。シンボルではハイフンを使用できない
"data-turbolinks-track" => true  #OK

結果、出力されるタグ

<link data-turbolinks-track="true" href="/assets/application.css" media="all" rel="stylesheet" />

クラスとコンストラクタ

String

>> a = "hoge"
=> "hoge"

#明示的な書き方
>> a = String.new("hoge")
=> "hoge"

Array

>> a = [1, 3, 2]
=> [1, 3, 2]

#明示的な書き方
>> a = Array.new([1, 3, 2])
=> [1, 3, 2]

Hash => コンストラクタが特殊

hashのコンストラクタに値を渡した場合、
「キーが存在しない場合に返されるデフォルト値」として定義される。

# 何も値を渡さずに初期化
>> h = Hash.new
=> {}
>> h[:foo]            # 存在しないキー :foo
=> nil  # キーが存在しない場合のデフォルト値はnil

# 値を渡して初期化
>> h = Hash.new(0)    # デフォルト値をnilから0に変更
=> {}
>> h[:foo]
=> 0    # キーが存在しない場合のデフォルト値は0

Module

module ApplicationHelper

通常(生のRuby)では、moduleはincludeを使い呼び出す(MixidIn)ことができる。

が、Railsは自動で呼び出してくれるため、定義さえすれば全てのViewで利用することが出来る。

もう一歩踏み込むならこちら

[Ruby] 便利な組み込みクラスのメソッド達
Enumerable編
http://qiita.com/kidachi_/items/a00558cfb0a6a3e23f4b
Array編
http://qiita.com/kidachi_/items/e9cb26c4e6cb36b70a1c
Hash編
http://qiita.com/kidachi_/items/651b5b5580be40ad047e
String編
http://qiita.com/kidachi_/items/7b355eb355b2d1390cf5

以下に続く

[Ruby基礎] ブロックとProcをちゃんと理解する
http://qiita.com/kidachi_/items/15cfee9ec66804c3afd2

kidach1
Qiitaの運営方針に疑問があるため、基本的に今後の投稿は考えていません。 主に https://twitter.com/kidach1 で活動報告しています。
aktsk
株式会社アカツキは、スマートフォンゲームの企画開発を中心に事業を展開しております。創業以来全てのゲームを内製しているため、高い技術ノウハウが蓄積されています。今後は、新規事業の立ち上げも行ってまいります。
http://aktsk.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away