JavaScript
Plot.ly
plotly
More than 1 year has passed since last update.

JavaScript用のグラフツールのほとんどがビジネスマンが使うような誇張クソグラフしか作ることができず、まともに使えるのはgoogle chartと、plotly.jsのみ、うちgoogle chartはライセンスが厳しくオフライン利用不可で、MITライセンスのplotly.jsのみがまともという結論に至ったため、使い方のメモを取っていく。

plotly.jsを使いたいけど使い方がわからんという話はコメント欄に書いていただけると調べてメモを追加するかも

基本プロットと基本機能のリファレンス

個別例

複数系列あり、非対称エラーバー付き棒グラフの例

var trace1 = {
  x: ['Trial 1', 'Trial 2', 'Trial 3'],
  y: [3, 6, 4],
  name: 'Control',
  error_y: {
    type: 'data',
    symmetric: false,
    array: [1, 0.5, 1.5],
    arrayminus: [0.5, 1.5, 1],
    visible: true
  },
  type: 'bar'
};
var trace2 = {
  x: ['Trial 1', 'Trial 2', 'Trial 3'],
  y: [4, 7, 3],
  name: 'Experimental',
  error_y: {
    type: 'data',
    symmetric: false,
    array: [0.5, 1, 2],
    arrayminus: [2, 1, 1],
    visible: true
  },
  type: 'bar'
};
var data = [trace1, trace2];
var layout = {barmode: 'group'};
Plotly.newPlot('myDiv', data, layout);

画像でプロットを取得

説明書
この更新

var id = 'plotarea';
Plotly.newPlot(id , data, layout);
var element =  document.getElementById(id);
Plotly.Snapshot.downloadImage(element , { filename: "name", format: 'png'}); // width, heightも可