vmware
Bluemix
SoftLayer
ibmcloud

Veeam Agent を試してみる

追記

こちらもおすすめです!

Veeam Agents for Microsoft Windows and Linux on IBM Cloud - Configuration Guide

Veeam Agent とは

概要

元々は、Veeam Endpoint Backup という製品のようです。
その後継製品として、最近アップデートされています。

Veeam Agents for Windows and Linux Availability
オンプレミスまたはリモートを問わず、物理サーバー、クラウドベースのサーバーやワークステーションにアベイラビリティを提供

Windowsサーバーのバックアップ・ソリューション - Veeam Agent for Windows
Linuxサーバーのバックアップ・ソリューション - Veeam Agent for Linux

対象

Veeam Backup & Replication が保護できない以下のようなワークロードに使用することが想定されています。
太字部分に対応しているため、IBM Cloud 上のサーバーに対しても使えます。

  • パブリック・クラウドで稼働するクラウドインスタンス
  • KVMなどESXi/Hyper-Vホスト以外のハイパバイザー上のVM
  • 物理サーバーやワークステーション
  • デスクトップ、ラップトップ、タブレット
  • 物理Raw Device Mappingディスク(pRDM)を伴うオンプレミスで稼働するVM
  • ディスクへのファイルレベルのバックアップ

種類

以下の2つがあります。
最新のOSまでサポートされていますね。

Veeam Agent for Microsoft Windows Veeam Agent for Linux
サポートOS サポートOS
Microsoft Windows 7 SP1
Microsoft Windows 8.x
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
Debian 6 – 9
Ubuntu 10.04 – 17.10
CentOS / Oracle Linux / RHEL 6 – 7
Fedora 23 – 26
openSUSE 11.3 – 13.2
openSUSE Leap 42.2 – 42.3
SLES 11 SP4 – 12 SP3

参考
Veeam Agent for Microsoft Windows v2.1 ユーザーガイド
Veeam Agent for Linux v2.0 ユーザーガイド

ライセンスエディション

無償版(FREE)、ワークステーション、サーバーの各種エディションがあります。
無償版は「24時間365日のテクニカル・サポート」がベストエフォートとなり、各種機能制限がある点に留意した上で使いましょう。

Veeam Agent for Microsoft Window

  • どのエディションでもVeeam Backup Repository をバックアップ・ジョブの保存場所として最大限に活用できます。
  • 無償版では、日次スケジュールのみ組めます。
  • Veeam Backup & Replication との統合による Veeam エージェントの一元的な導入と管理は、有償版のみ可能です。

参考:Veeam Agent for Microsoft Window エディションの比較

Veeam Agent for Linux

  • どのエディションでもVeeam Backup Repository をバックアップ・ジョブの保存場所として最大限に活用できます。
  • Veeam Backup & Replication との統合による Veeam エージェントの一元的な導入と管理は、有償版のみ可能です。

参考:Veeam Agent for Linux エディションの比較

FAQ:Veeam Backup & Replication から Linux ベースのエージェントと Windows ベースのエージェントを管理するには、どのようなライセンスとインストールが必要ですか?

参考:Veeam Backup & Replication に関する FAQ - ライセンス、システム要件
Veeam Agent for Linux および/または Veeam Agent for Microsoft Windows の個別のライセンスを購入し、Veeam Backup & Replication とともにインストールする必要があります。

Veeam Agent for Microsoft Windows を試す

ダウンロード

https://www.veeam.com/jp/windows-backup-free-download.html

インストール

リカバリメディア作成

OSが起動しなくなった場合やOSごとリストアしたい場合は、このリカバリメディアが必要になるのでとっておきましょう。


バックアップ






リストア

システム領域は、リカバリメディアを使ってリストアします。
その他のデータドライブは、ボリュームレベルの復元が可能です。
個々のファイルは、ファイルレベルの復元が可能です。

参考:Before You Begin - Veeam Agent for Microsoft Windows Guide

Kobito.vvPMoS.png

この間にKVMコンソールから入って、キーを連打すると、CDブートになります。








当然ですが、パスワードごとリストアされていました。
(一旦OSリロードをかけてしまっていて、以前のパスワードを忘れてこれ以上入れませんでした...笑)

まとめ

1台1台手間はかかってしまうものの、無償の範囲で十分使いものになると思いました。
クラウドインスタンスや物理サーバーの少数のバックアップに悩んでいる方はぜひ使ってみてください。