Processing2
processing3

Processingで3次元空間に画像を貼り付ける方法

1. 貼り付ける位置の座標を決める

coord.png

2. 画像を用意する

texture.png
ここでは正方形の画像を正方形の領域に貼り付けようとしています。NORMALモードで行うので0と1で指定しています。DefaultのIMAGEモードを使う場合は、画像のサイズ(pixel)を指定してください。

3. コードを書く

・vertexのパラメータ5個の前半はxyz座標(x,y,z)、後半は画像の座標(u,v)。

PImage snowParticleImage;

void setup(){
  size(300,300,P3D);
  snowParticleImage = loadImage("flake.png");
  textureMode(NORMAL); // NORMALモードを使用
}

void draw(){
  lights();
  rotateY(0.5);
  beginShape();
  texture(snowParticleImage); 
  vertex(50,50,0,0,0); //V1
  vertex(200,50,0,1,0); //V2
  vertex(200,200,0,1,1); //V3
  vertex(50,200,0,0,1); //V4
  endShape();
}

4. 実行結果

スクリーンショット 2017-12-01 11.15.36.png