Help us understand the problem. What is going on with this article?

WebサーバにIPv6で接続したときだけ特別感を出す

特別感?

といっても画像を変えるだけだったりします。期待させてすみません……。IIJやKDDIみたいに、IPv6だったらトップページの表示が(ほんの少し)変わるのをやりたいな、という話です。

IIJの場合

KDDIの場合

画像を用意しましょう

IPv6用、IPv4用で同じサイズの画像を用意します。IPv6では色つき、IPv4だとモノクロのようにすると特別感が出ます。(※個人の感想です(※とはいえIIJもKDDIもそんな感じにしていますね))

私には絵の才能がないので次のような感じに落ち着きました。しょぼい。

  • IPv6の場合
    via_ipv6.png
  • IPv4の場合
    via_ipv4.png

ディレクトリを用意します

画像のパスを /img/connected/via.png とし、トップのディレクトリから /img/connected を作り、ファイルを置きます。

.htaccess ファイルを書きます

画像をキャッシュされないようにします。

<Files "*.png">
    FileEtag None
    Header set Cache-Control no-store
</Files>

<If "%{REQUEST_URI} == '/img/connected/via.png'">
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{IPV6} on
    RewriteRule ^.*$ /img/connected/via_ipv6.png [L]
    RewriteCond %{IPV6} off
    RewriteRule ^.*$ /img/connected/via_ipv4.png [L]
</If>

最終確認をします

以下のように配置されているはずです。

$ ls -la /var/www/img/connected
total 12
drwxr-xr-x 2 keys keys  63 Jan 31 16:38 ./
drwxrwxr-x 3 keys keys  23 Jan 31 16:00 ../
-rw-r--r-- 1 keys keys 354 Jan 31 16:38 .htaccess
-rw-r--r-- 1 keys keys 760 Jan 31 15:57 via_ipv4.png
-rw-r--r-- 1 keys keys 810 Jan 31 15:57 via_ipv6.png

れっつごー

ではブラウザでアクセスして確認してみましょう。

https://devel.keys.jp/img/connected/via.png
※これは私のサイトのものです。みなさんのサイトにあわせて変えてください

簡単でしたね!
あとは特別な作業は不要で、Webページから普通に <img> タグで表示するようにするだけです。

ぜひ、みなさんのWebサイトでも試してみてください!

keys
双子のロシアンブルーと同居するインフラ系エンジニア。楽するための苦労はいとわないタイプ。最適化とか自動化が大好き。IPv6, AWS, Docker, Serverless, Python, セキュリティといった単語に反応するようです。すみっコぐらしの推しはとかげ。みにっコだとざっそう。
https://devel.keys.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした