Edison

MacでIntel Edisonを使う

More than 3 years have passed since last update.

Edisonを使ってみたのでメモ書きです。逐次更新。


前提条件


  • MacOSX Yosemite


シリアルコンソールに接続する

GNU Screenでシリアルコンソールに接続できる!知らんかった。Edisonを接続すると /dev/tty.usbserial-XXXXXX というデバイスファイルが生成されるので、このシリアルポートを操作すれば良い。速度は115200bpsとする。

screen /dev/tty.usbserial-A903BXPX 115200 -L


ファームウェアのアップデート

Phone Flash Tool Liteを使う。ツールをインストールして立ち上げると次のような画面になる。

kobito.1436411268.000656.png

Intel® Edison Board Software Downloadsのページにある Yocto complete image をダウンロードする( 古いファームウェアはこちら )。ツールを立ち上げて、右上の Browse ボタンをクリックして先ほどダウンロードしたファイルを選択する。

kobito.1436411211.131144.png

USBケーブルでEdisonを立ち上げると Start to Flash ボタンが有効になるのですかさずクリック(時間が経つとそのままLinuxが起動してしまう)。

kobito.1436411496.006094.png

右上のプログレスバーが100%になるまでじっと我慢。

kobito.1436411581.986238.png

シリアルコンソールでも書き込みを行っている様子がわかる。

kobito.1436411661.273299.png

書き込み完了。自動的に再起動します。

kobito.1436411818.250358.png

書き込まれたファームウェアバージョンは /etc/version を確認する。

root@edison:~# cat /etc/version

weekly-159


BLE (Bluetooth Smart / Bluetooth Low Energy)を使う

Bluetoothデバイスを有効にする。

rfkill unblock bluetooth

hciconfig hci0 up

hciconfig コマンドでデバイスの状態を参照できる。

hci0:   Type: BR/EDR  Bus: UART

BD Address: 98:4F:EE:03:B1:09 ACL MTU: 1021:8 SCO MTU: 64:1
UP RUNNING PSCAN
RX bytes:7090 acl:0 sco:0 events:212 errors:0
TX bytes:1679 acl:0 sco:0 commands:65 errors:0

Advertise中のデバイスを一覧する。

hcitool lescan

Advertise開始。

# コネクションを受け付ける場合

hciconfig hci0 leadv 0

# コネクションを受け付けない場合
hciconfig hci0 leadv 3

Advertise終了。

hciconfig hci0 noleadv


GPIOの操作

mraaを使う。


参考