Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

Commvault への OCI の Object Storage への登録方法

はじめに

Commvault のバックアップ データの格納先 (ライブラリ) として OCI の Object Storage を使用するための手順です。

準備

Commvault 側の準備

事前に作成しておいた秘密鍵のファイルを、MediaAgent ホストにコピーします。

  • Windows で C:\Program Files\Commvault\ContentStore 以下にインストールしているのであれば、C:\Program Files\Commvault\ContentStore\Base\certificates\external フォルダ
  • Linux で /opt/Commvault 以下にインストールしているのであれば /opt/commvault/Base/certificates/external フォルダ

OCI 側の準備

公開鍵をアップロードしておきます。

OCI 側から以下の情報を取得しておきます。

  1. テナンシ OCID
    1. [ガバナンスと管理] > [管理] > [テナンシ詳細] を選択します。
    2. [テナンシ情報] タブの OCID 情報を取得します。
  2. ユーザー OCID
    1. [ガバナンスと管理] > [アイデンティティ] > [ユーザー] を選択します。
    2. API キーをアップロードしたユーザーを選択します。
    3. [ユーザー情報] タブの OCID 情報を取得します。

OCI を使用したクラウド ライブラリの構成

OCI 上に構成した tokyo-bucket02 バケット以下にクラウド ライブラリを構成します。

クラウド ライブラリ構成前のオブジェクト ストレージの状態

クラウド ライブラリを構成する前のオブジェクト ストレージの状態を確認します。
わかりやすく新規に作成したバケットを使用していますが、専用のバケットである必要はありません。
新規に作成した状態なので、バケット内にオブジェクトは何もありません。

WS000021.png

クラウド ライブラリの構成

Commvault には CommCell Console (Java ベースのコンソール) と Command Center (Web ブラウザ ベースのコンソール) の 2 種類のコンソールがありますが、以下は Command Center を使用した構成手順になります。

  1. Command Center にログインします。
  2. ナビゲーション メニューから、[ストレージ] > [クラウド] を選択します。
  3. ページ右上部にある [追加] をクリックします。
  4. [クラウドの追加] ダイアログが表示されたら、クラウド ライブラリの名前 (Commvault 上での識別名) を入力して [追加] をクリックします。
  5. [ストレージを追加] 画面が表示されたら、[タイプ] リストをクリックして [Oracle Cloud Infrastructure Object Storage] を選択します。
  6. [ストレージを追加] 画面の項目が変更されたことを確認して、ライブラリのアクセスに必要な情報を入力後、[保存] をクリックします。
    • MediaAgent : OCI に対してデータの送受信を行なう MediaAgent (秘密鍵をコピーした MediaAgent)
    • サービス ホスト: オブジェクト ストレージの API エンドポイント ホスト (東京リージョンであれば objectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com )
    • テナンシー OCID : 事前に OCI コンソールから取得した OCID
    • ユーザー OCID : 事前に OCI コンソールから取得した OCID
    • キーの指紋 : API キーのフィンガープリント (秘密鍵の作成時に取得したもの、OCI コンソール上に掲載されているものと同じであること)
    • コンパートメント名 : オブジェクト ストレージが格納されているのコンパートメント名
    • PEM キーファイル名 : MediaAgent 上にコピーした秘密鍵のファイル名
    • 秘密鍵のパスワード : 秘密鍵の作成時に指定したパスワード
    • バケット : データを格納するバケット名
  7. 構成内容を確認して、[保存] をクリックします。
  8. クラウド ライブラリの一覧に構成したクラウド ライブラリが追加されたことを確認します。
    WS000024.png

クラウド ライブラリ構成後のオブジェクト ストレージの状態

クラウド ライブラリとして構成されたことにより、2 つのオブジェクトが作成されたことが確認できます。

WS000025.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?