Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
8
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

JavaFX & 自己完結型パッケージでのツール作成(JavaFX編)

JavaFX & 自己完結型パッケージでのツール作成(JavaFX編)

by ketman55
1 / 17

このページについて

プロジェクトでツールが欲しいとなると、SI界隈ではまだまだExcelマクロが出張ってきますが、
得てして重いし保守性に難があるし、何か他にないかなと。
Javaのクライアントアプリなんかどうかと試しまして、その手順のまとめとなります。
※本ページではJavaFXアプリの作成まで。配布編はこちら


JavaFXとは?

Javaの入門でお世話になるもののひとつにAWTやSwingがありますが、それらの後継として登場したGUIライブラリがJavaFXです。
SceneBuilderなどのデザインツール、XMLやCSSの採用によって、デザインとビジネスロジックを分離させる所に狙いがあります。


自己完結型パッケージとは?

Javaのクライアントアプリのネックとして、起動する端末にJavaの実行環境を求める点があります。
すると、端末毎にバージョン差異で動いたり動かなかったりする。これでは流行らない。
そこで、配布用アプリケーションの中にJREも仕込んでおいて、アプリはこれを参照する様にします。
これで、端末側の環境に依らずにアプリを実行させることが出来ます。これなら流行る。


手順1.環境構築

今回はWindows10, eclipseを開発環境としています。


1.eclipseにjavaFXプロジェクトのプラグインを追加する

ヘルプ⇒Eclipseマーケットプレイスより、JavaFXなどと入力して検索します。
e(fx)clipseなるプラグインをインストールしましょう。
(検索に出てこない場合は、Eclipseのバージョンが対応外の可能性があります。
アップグレードする、最新版のEclipseを取得するなどして解消してください。)
記事用.png


2.Scene Builderをインストールする

Scene BuilderはテキストボックスやボタンなどのGUI部分を、マウス操作で構築出来る様にしてくれるデザインツールです。
とほほのJava入門 を見ながらコツコツ構築していた頃を思い出すと、知らぬ間に便利になっていたのだなと思うばかり。

ツールはこちらのサイトなどからダウンロード出来ます。
インストール後、Scene Builderの実行ファイルをeclipseに紐付けましょう。
image.png


3.JavaFXプロジェクトを作成する

ファイル→新規→その他から、JavaFXプロジェクトを選択
Javaプロジェクトの設定はお好みで。(とりあえず初期設定で良いと思います)
次へを進めると、最後にUI設定を問われます。本記事では以下を設定。

  • デスクトップアプリを作るので、Desktopを選択(デフォルト)
  • 宣言的UIは、FXMLを選択(多分、JavaFXにおける基本的な形式)
  • ルートタイプはAncorPaneを選択(UIの下地をどうする?と聞いており、配置に自由が効くこちらにしました)
  • ファイル名やコントローラ名は「Form~」としました(適当)

a.png


重要:Java11以降で作成する場合

Java11以降、OpenJDKとOpenJFKが分離されることとなりました。
上記までの手順ではJavaFXのモジュールが存在しないため、もうひと工夫する必要があります。

今回は、OpenJDK に OpenJFXのモジュールをマージする事で解消しました。
以下より手順/ツールをお借りしてマージ版JDKを作成しています。

JDK から分離されたことで JavaFX の扱い方がいままでよりも難しくなりました。
OpenJFX に PATH を通したり、 アプリケーション実行時の VM 引数として --add-modules javafx.controls を指定したりとかなり煩雑です。
この煩雑さは JavaFX が JDK から分離されていることに起因しています。
JavaFX を JDK にマージしてしまえば、 モジュール指定などを気にすることなく従来の Java と同様に JavaFX を使えるようになります。

作成したJDKをeclipseに追加して準備完了!
image.png

参考:他にも、MavenCentralからOpenJFXライブラリを依存関係に追加する方法もある様です。


手順2.ビューを構築する

Form.fxmlを右クリック⇒「SceneBuilderで開く」で、Scene Builderへ遷移することが出来ます。
びるだ.png

左下のDocumentがイラストなどのフレームにあたります。
最初はAncorPaneというContainer(下地)が宣言されているだけです。
先ずはこのPaneの領域を確保しましょう。


フレームの設定を編集する

左下のAncorPaneをクリック⇒右側のLayout「Padding」の一番左のセルに"300"と入力。
その右の">"をクリックすると、他のセルにもコピーしてくれます。
中央に白地が現れたと思います。これがAncorPaneの領域となります。
image.png


他のパーツを配置する

この上にボタンやらを配置していきます。
左側のControls⇒TextFieldを中央へドラッグ&ドロップすると、DocumentにTextFieldが追加されます。
右側のCode⇒fx:idにIDを入力し、このTextFieldのIDを設定します。

同様にボタンも配置。fx:idおよびOn ActionにIDを設定します。
これで「テキストに入力してボタンを押すとなんちゃら」の準備が出来ました。
ぼたん.png


手順3.コントローラを構築する

SceneBuilderのメニュー⇒View⇒Show Sample Controller Skeleton
ここまでのビューの設定を基に、コントローラの雛形を提示してくれます。
Fullにチェックしてコピーを押下。Commentsはお好みで。

eclipseに戻って、コントローラクラスにコピーを張り付ける。
後はonButtonActionにロジックを仕込んでいけばよい。なんてお手軽なんだ!

ここまで出来たら、一度動作を確認しましょう。
Main.javaを右クリック⇒実行⇒Javaアプリケーション
手順2で作成したボタンとテキストフィールド付きのウィンドウが出て来る筈。

image.png


手順4.ビジネスロジックを構築する

折角なので使えるものを作りたいと思い、文章集合をトピック分析してくれるツールにしました。
Gitに置いています。 CloneしてMain.javaを実行すれば動くと思います。
簡単ですが、サンプルプロジェクトとしてご参考下さい。

※要素技術については以下を参照ください
Javaで形態素解析 with Kuromoji
Javaでトピック分析(LDA)


配布編に続く

今回は、JavaFXアプリケーションの作成までを実施しました。
GUIツールに対して手の届きそうなイメージが持てて頂けたら幸いです。
作成したアプリを配布する流れは、こちらの記事で記載しています。


付録:SceneBuiderのメニューが文字化けする

SceneBuilder.cfg に以下1文を追加する。
cfgファイルが上書き禁止になっている場合は、プロパティなどからアクセス権限を修正して編集しましょう。

-Duser.language=en

参考:Scene Builder で文字化けした場合の対処方法


参考資料

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
8
Help us understand the problem. What are the problem?