4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

WSL(Windows Subsystem for Linux)の導入とUbuntuの初期設定

Windows Subsystem for Linux とは

Linux の(ELFフォーマット形式の)バイナリ実行ファイルを、Windows 10 および Windows Server 上でネイティブに実行するための互換レイヤーとのこと
https://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_Subsystem_for_Linux より引用)
Linux の実行ファイルを Windows でそのまま利用できるよってやつです

インストール手順

  1. 設定→アプリと機能→プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化で、「Windows Subsystem for Linux」を有効化して再起動する
  2. ストアで「Ubuntu」を導入する。(Ubuntu以外もあり)
  3. 起動した「bash」で任意のユーザ名とパスワードを入力する

PowerShellを管理者権限で起動し、下記コマンドを実行することでも有効化できる(要再起動 & ストアからのインストールは別途必要)

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

TIPS

  • いろいろあってWSLの環境をリセットしたい場合

    • Windows 10 の 設定 - アプリ から、対象ディストリビューションを選択
    • 詳細オプション の リセット をクリックする。
  • bash起動時に.profile が実行されない場合

    • bashのショートカットのコマンドライン引数に「--login」を追加する
  • 日本語が文字化けする場合

    • コンソールのフォントをラスターフォント以外にする
    • "MS ゴシック"で良いですね

Ubuntuの初期設定

  • Ubuntuのバージョンを確認する
$ cat /etc/os-release
# バージョンのみ
$ lsb_release -d
  • 必要であれば、/etcの設定ファイルをバックアップしておく
$ cd ~
$ pwd
$ mkdir etc.org
$ sudo cp -p .* /etc/* etc.org/
  • aptコマンドのリポジトリをubuntu.comからjpに切り替える
$ sudo sed -i -e 's%http://.*.ubuntu.com%http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux%g' /etc/apt/sources.list
  • aptコマンドでパッケージをアップデートする
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
  • 必要であれば、導入されているパッケージの一覧を保存しておく
$ cd ~
$ pwd
$ mkdir backup
$ dpkg --get-selections > backup/pkg-selections
  • よく利用するコマンドのエイリアスを設定する(全ユーザに適用)
$ sudo vi /etc/profile
# 最終行に追加したいエイリアスを追記
alias ll='ls $LS_OPTIONS -l'
alias l='ls $LS_OPTIONS -lA'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'
alias rm='rm -i'
$ sudo source /etc/profile
# もしくは
$ sudo -s
# source /etc/profile
# exit
  • .bashrc にヒストリ無視パターンを追加する
$ echo "export HISTIGNORE='?:??:???:exit:h *'" >> .bashrc
  • さまざまな設定や環境を確認してみる
# ユーザの情報を確認
$ id
# ホスト名を確認
$ hostname
# システム情報を確認
$ uname -a
# bashのバージョンを確認
$ bash --version
# マウント状態を確認
$ ls /mnt -la
# プロセスの動作状況を確認
$ ps aux
# プロセスの動作状況をリアルタイムに確認
$ top
# ネットワークを確認
$ ifconfig
# ネットワークの接続状況を確認(すべての接続・名前解決なし・プロセスを表示)
$ netstat -anp
# メモリを確認
$ cat /proc/meminfo
# CPUを確認
$ cat /proc/cpuinfo
  • Vimのインストール
$ sudo apt install vim-nox
$ sudo vi /etc/profile
# 最終行にエイリアスを追記
alias vi='vim'
$ sudo source /etc/profile
# もしくは
$ sudo -s
# source /etc/profile
# exit
  • GCCのインストール
#!/bin/bash
$ sudo apt install build-essential
  • パッケージ管理
#!/bin/bash
# パッケージ情報の更新
$ sudo apt update
# パッケージの更新
$ sudo apt upgrade
# パッケージの検索
$ apt search 検索対象文字列
  • パッケージが保留された場合
#!/bin/bash
# 保留状態の確認
$ sudo apt -s dist-upgrade
# 不要なパッケージの自動削除
$ sudo apt autoremove

最後に

Windows 10 Fall Creators Update から正式版となったはずなので、いまさらながら WSL の導入を投稿しました。
安定して利用できるようになってきたので、ちょっとしたLinux環境としてコマンドの確認や調査を行うのに重宝しています。
Windowsのコマンドも実行できるのが何気に便利ですね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
4
Help us understand the problem. What are the problem?