LoginSignup
9

More than 5 years have passed since last update.

BitbucketのPipeLineでAndroidをデプロイしてみた

Last updated at Posted at 2016-12-05

結論

bitbucket-pipelines.yml
image: uber/android-build-environment:latest

pipelines:
  branches:
    staging:
      - step:
          script:
              - mkdir -p "$ANDROID_HOME/licenses"
              - echo -e "\n8933bad161af4178b1185d1a37fbf41ea5269c55" > "$ANDROID_HOME/licenses/android-sdk-license"
              - echo -e "\n84831b9409646a918e30573bab4c9c91346d8abd" > "$ANDROID_HOME/licenses/android-sdk-preview-license"
              - echo y | android update sdk --no-ui -a
              - ./gradlew assembleStagingDebug

こうなります。
これを、app直下に設置しておけば、push時にpipelineが起動します。
調べるのに、少し苦労しましたが、これでビルドすることができました。

解説

Androidのビルド環境の準備

image: uber/android-build-environment:latest
Androidをビルドする時のお決まり。

ブランチ指定

  branches:
    staging:

どのブランチにPushしたら動かすかを指定したい場合。
今回は、stagingって名前のブランチにpushされると動くようにしています。
特にない場合は、

  default:

だけにする。

スクリプト

      - step:
          script:

これ以下に動かしたいスクリプトを記述

ライセンスを書き込み、SDKをアップデートする

              - mkdir -p "$ANDROID_HOME/licenses"
              - echo -e "\n8933bad161af4178b1185d1a37fbf41ea5269c55" > "$ANDROID_HOME/licenses/android-sdk-license"
              - echo -e "\n84831b9409646a918e30573bab4c9c91346d8abd" > "$ANDROID_HOME/licenses/android-sdk-preview-license"
              - echo y | android update sdk --no-ui -a

ここもBitbucketPipeLineで、Androidをビルドしようとすると、お決まりになります。
ライセンス情報ベタ書きワロスwwwwwとか思うかもしれないけど、みんな一緒なので問題ないです。
これがないと、ビルドに失敗します。

さぁビルドしよう

              - ./gradlew assembleStagingDebug

よくあるビルドコマンドです。
ここは、それぞれの環境で変えて使ってもらうことになると思います。
テストの実行したり、Fabricにリリースしたり、マーケットにリリースしたり。

ちなみに、Bitbucketの処理実行時間の限界は、約2時間です。
120分動かしたところで、強制終了されちゃいました。

普通にビルドしたり、アップロードしたりするだけなら、十分ですね。

最後に

Bitbucketだと、CircleCIも1TravisCI対応してないよーって状態ですよね。
Pipelineの登場で、お、自動デプロイいけるやも!
って思ったら、Androidデプロイの情報が英語でしかなくて、泣きそうだったので、今回書いておくことにしました。
どなたかのお役に立てば幸いです。


  1. CircleCIは結構前に対応していたようです。Githubでログインしっぱなしで気付かなかった・・・。 

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
9