Help us understand the problem. What is going on with this article?

【プログラミングなし】特定のキーワードを含むツイートを収集しspreadsheetに書き込む

はじめに

日々投稿されるツイートを何らかのキーワードで収集したいという場面、ありますよね。
例えば、

  • ツイート数から、自社製品やイベントの評判を探りたい
  • ツイート本文を集めて自然言語処理したい
  • トレンドワードの盛衰を見守りたい etc.

今回は、プログラミングなしの超お手軽な手法として、IFTTTを使い特定のキーワードを含むツイートを取得し、Google Spreadsheetに記録する方法を紹介したいと思います。

目標物

スクリーンショット 2019-12-19 14.33.07.png
spreadsheetはこんな感じで出力されます。
任意のキーワードを指定し、そのキーワードが含まれるツイートが投稿された時に以下5項目を記録します。

  • 日付と時間
  • ユーザー名
  • 本文
  • ツイート自体のリンク
  • ツイート本文に含まれるリンク(画像のリンクなど)

なお、今回紹介する方法では、設定完了後からのツイートを収集するため、過去のツイートを取得することはできないです。

用意するもの

  • Googleアカウント
  • Twitterアカウント
  • IFTTTアカウント(今回はiosアプリで説明しますが、android版、web版でも同様の手順でできます)

準備

IFTTTアカウント
まず使ったことない人は、IFTTTのアプリをダウンロードするか、web版にアクセスしましょう。その後、アカウントを作成してください。

spreadsheet
Googleアカウントでツイート書き込み用のspreadsheetを新規作成してください。

IFTTTの設定

IFTTTでは「もし〜だったら〜する」という形式で単純なプログラムを作ることができ、これをアプレットと呼んでいます。
今回でいえば「もしTwitterに特定のキーワードのツイートが投稿されたら、spreadsheetに内容を記録する」といううアプレットを作っていくことになります。

それでは早速設定していきます。
まずは、IFTTTを開き、[Get more]と書かれたボタンを押した後、[Make your own Applets from scratch]の横の+ボタンを押します。
IMG_7058.jpg
そうすると、アプレットの新規作成画面が開きます。
IMG_AD4E08D68059-1.jpeg
ここで、[+This]の部分をタッチし、トリガーを設定します。ここが「もし〜だったら〜する」の「もし〜だったら」の部分です。
twitterをトリガーとして選んでください。検索窓で[twitter]と検索すると見つけやすいです。
IMG_4D663FA397BF-1.jpeg
その後、トリガーの詳細を設定していきます。今回は[New tweet from search]を選んでください。
IMG_7060.jpg
その際、まだtwitterアカウントをIFTTTと連携したことがない人は連携する画面が出ると思うのでアカウントを連携してください。
アカウント連携後、以下のような画面になると思います。ここで、収集したいキーワードを入れて、[Create trigger]を押します。
IMG_7061.jpg
トリガーの設定は以上で完了です。
次は、「もし〜だったら〜する」の「~する」の部分を設定していきます。
[+That]ボタンをを押してください。
IMG_4DBBF42244B8-1.jpeg
そして、[Google sheets]を選択します。
IMG_6F01C556FABD-1.jpeg
その後、[Add row to spreadsheet]を選択します。
IMG_7065.jpg
ここでも、初めての場合は、googleアカウントの連携を求められると思うので、手順に従って連携してください。
連携完了後は以下のような画面になると思います。
[Spreadsheet name]には、記録したいspreadsheetの名前を記入します。もし、存在しないシート名を指定してしまっても、新たにシートを作ってくれます。
[Formatted row]は記録する部分の設定です。|||が列の区切り文字となります。入力キーボードの[Add Ingredient]からCreateAt(日付項目)や、UserName(ユーザー名)などの項目を選択することができます。
そして[Drive folder path]に保存したいフォルダーの階層を指定して、[Create action]を選択することでしてください。
IMG_7066.jpg
IMG_7067.jpg
以上で設定は完了です。確認画面が表示されると思うので、Finishを押し、アプレットを有効にしてください。
しばらくして、キーワードのツイートが投稿された段階で、spreadsheetにも書き込みが反映されていることを確認できると思います。(最初のツイートがされないとシートに記録されないので、誰もツイートしないようなニッチなワードを指定してしまった人は気長に待ってみましょう)

おわりに

手軽かつ、ノーコストの手法なので、気になったワードはどんどん収集していくと面白い分析がいつかできるかもしれませんね。
関連する複数のキーワードを比較してみるというのも面白そうです。
今回の手法でツイートを取得できるのはIFTTTの設定後からなので、ご利用は計画的に。

kentkjo
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした