Vim
vim-plug

ミニマリストの僕にはvim-plugが性に合っている

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

自分はそもそもVim Pluginのヘビーユーザーではない。NERDTreeと、あとはGoとPythonのPluginがいくつか使えればPlugin Managerなんて動けばなんでもいいと思っている。そんな自分がvim-plugにした理由としては以下の通りである。

  • vim-plug自体は1ファイルでできておりそれをロードするだけですぐ利用を開始できる
  • カスタマイズをほとんどやらない僕には導入障壁の低いPlugin Managerが性に合っている
  • Redditでオススメされてた

Redditのスレッド

そもそもvim-plugの存在を知ったきっかけは、Redditのこのスレッドを見たからだ。
Vundle vs Pathogen vs ?

一番upvoteされてるコメントがこちら。

I love vim plug

A minimalist Vim plugin manager

インストール

インストール方法は、plug.vimをダウンロードして、"autoload"ディレクトリ配下に置くだけである。

$ curl -fLo ~/.vim/autoload/plug.vim --create-dirs \
    https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim

使い方

利用方法としては、~/.vimrccall plug#begin()call plug#end()セクションを書いて、その間に使いたいプラグインを羅列するだけである。

例えばこんな感じである。

~/.vimrc
call plug#begin('~/.vim/plugged')

Plug 'scrooloose/nerdtree'
Plug 'jistr/vim-nerdtree-tabs'

call plug#end()

その後、.vimrcをリロードして、:PlugInstallコマンドを実行すれば対象のプラグインがインストールされる。

こんな感じでとても簡単である。

その他

他にも、プラグインの状態を確認するための:PlugStatusや、前回からのアップデートとの変更点を表示する:PlugDiffなどがあるが、今のところ僕には必要無い。

感想

現在、dein.vimやVundleを使っているユーザがわざわざ乗り換える必要があるかどうかは分からない。しかし、今まで1度もPlugin Managerを使ったことが無かった人なら、vim-plugは簡単に始められるので、1度使ってみることをオススメする。