Help us understand the problem. What is going on with this article?

LINUX(CentOS)のフォントのあれこれ

More than 1 year has passed since last update.

CentOS7でフォントを少しいじるメモ

リナックスにフォントのインストールやあれこれする必要があった。
毎回ググってたので、ここにメモする。
意外とfontconfigに関する情報って纏まってない気がする。

インストール

フォントのインストールは実体のフォントファイルを特定のディレクトリにコピーするだけでいい。

・すべてのユーザー向け

全リナックスユーザーで共通に使用するフォントは
/usr/share/fonts/
にコピーする

cp /path/to/fontfile /usr/share/fonts

ちなみに/usr/share/fonts/に新たにディレクトリを作成した階層構造にしても問題ない。

cp /path/to/fontfile /usr/share/fonts/AdditionalFonts/

・特定のユーザー専用

特定のユーザーにのみフォントの追加を行う場合、
追加したいユーザーのホームディレクトリに
.local/share/fonts/
というディレクトリを作って、その配下にフォントファイルをコピーする
(すでに存在していれば作成する必要無し。)

cd /home/username 
mkdir ./.local/share/fonts/ #すでにあれば必要無し
cp path/to/fontfile .local/share/fonts/

こんな感じでOKだと思う。

fc-list

インストール済みフォントはfc-listで取得できる。

fc-list

ちなみに

fc-list -v

とすると一覧の情報が詳細になる。

ここで取得できるのは、fc-listコマンドを実行したユーザーが使えるフォントである。
ユーザーAに対してインストールしたフォントはたとえrootで実行しても表示されないので注意。

fc-match

あるキーワードを渡すと、それにマッチすると思われたフォントの情報が返される。

こんな感じ

fc-match serif

すると返り値はこんな感じ

SourceHanSerif-Medium.otf: "Source Han Serif" "Medium"
#ファイル名          フォント名   ウェイト

ウェイトを指定して検索する場合

fc-match serif:weight=bold

fc-match serif:bold

のように:weight=をつけたり:区切ってやるといいみたい。
ちなみにfc-matchでも-vのオプションを付けることで、
詳細なフォント情報を出力させることができる

そのほかの条件で検索する場合
ファイル名なら

fc-match :file="/usr/share/fonts/gen_min/SourceHanSerif-Regular.otf"

ポストスクリプト名なら

fc-match :postscriptname=SourceHanSerif-Regular

こう

そんなかんじ

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした