折り紙の「コツ」をGSNで記述する。重要な暗黙知を引き出し共有するには

  • 21
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

この記事は、英語ブログエントリ"How to make it better ? - Extracting implicit knowledge via GSN"の日本語訳です。


あまりうまくない「かぶと」
-あまりうまくない「かぶと」-

折り紙をうまく折る

折り紙には上手い人とそうでない人がいます。また、外人に折り紙を教えると、手順はうまく伝えることができても、あまり奇麗にできることはありません。折り紙をうまく織るには、「ここは角がしっかり合うように気をつけて」などというコツをうまく伝える必要があります。

ソフトウェア開発においてドキュメント、コード、報告書などをレビューしていても、同じ悩みがあります。作成する手順、プロセスだけではだめ。この小記事では、折り紙を例題に、このあたりのことを考えてみたいと思います。

折り紙の「かぶと」1つ1つのステップは難しくありません。でもステップにはコツやポイントがあります(暗黙知と呼ばれるものですね)。これらが最後の出来映えを大きく左右するのです。料理に似ていますね。レシピには「材料」と「手順」が書かれていますが、 料理が上手な人はそれ以上のことを知っているようです。


この違いはどこからくるのか
- この違いはどこからくるのか -

GSN を使って手順とコツを同時に記述する

デンソークリエイトの小林さんが、GSNを使って折り紙を折る手順を書きながら、同時にこの「コツ」を書いて行くという手法を試しています。これを、「かぶと」の例でやってみます。


「かぶと」をうまく折るGSN
-「かぶと」をうまく折るGSN -

GSN(Goal Structuring Notation)は議論の構造を可視化する手法です。エンジニアリング領域では、機能安全のセーフティーケース(ISO61508, ISO26262等)において「このシステムは安全ですよ、なぜかというと、、、」と主張を指示する議論構造と証拠を示す記述などに使われます。(詳しくは「GSN解説」などを参照)

では、この「折り紙GSN」を解説してみます。

  1. ゴールは「奇麗なかぶとを折る」こと。トップの黄色の ■ ゴールノード (G1)で示している。
  2. トップゴールはステップ毎のサブゴール(G2-G9)に分解される。サブゴールも黄色 ■で、この「分解戦略」を、青色の ■ 戦略ノード(S1)で示している。
  3. 各サブゴールの結果は緑の■ 証拠ノード(Sn1-Sn8)で絵として示している。
  4. そして、Tipsというかノウハウというか「コツ」が、ピンクの ■ 文脈ノード (C1-C5)として、キーとなるステップに書き加えている。

技術レビューにGSNを活用

折り紙のGSNを作る際には、同僚たちに折り紙を折ってもらい、それぞれのステップで「気をつけていること」を聞き出したそうです。手順の背後にある、この知識(「気をつけていること」)が折り紙の出来映えを大きく左右するのです。そしてそれを、抽出して、明文化しています。

小林さんはGSNを使って、社内の ソフトウェア開発におけるレビュープロセスを改善したい と考えています。この折り紙の例は、ソフトウェア開発にどうやってマッピングできるでしょうか?

開発プロセスを作って行くこと、その過程でノウハウを抽出すること、そしてそのノウハウを再利用可能な形にし、社内の資産にすること。

これをGSNを使ってトライしているのです。

詳しくは、次のYouTube3分ビデオをどうぞ。

kobito.1409011185.142721.png技術レビューにおけるGSN, D-Caseの現場活用法(1)〜レビューの前提となる基準を作る

続編は、こちらです。
「他の人も納得できる折り紙の「コツ」の引き出し方」 Qiita


小林さんは、組込みソフトウェア開発の現場で、ソフトウェアエンジニアリング、D-Case(Dependability Cases)の実践者です。名古屋市在住。

(平鍋)