AutoHotkey
Dvorak
親指シフト
nicola

キーボード配列エミュレーションソフトウェア 紅皿


1. 始めに


1.1.何をするものなのか

 Benizaraは、Windows環境に接続されたJISキーボードで親指シフト (NICOLA配列) による入力を可能にするエミュレーションソフトウェアです。Windows7のMS-IMEとATOK2011、およびWindows10のMS-IMEで動作を確認しています。なお、Benizaraは、設定ファイルを読み込ませることにより、親指シフトに限らず、任意にキーボード配列のエミュレーションが可能です。

 Benizara(紅皿)の名前は、太田道灌の山吹伝説に由来します。


1.2.特徴

・Windows10のストアアプリや、Microsoft Edge上でも親指シフト入力が可能です。

・やまぶきと同様に12面のシフトモードを実現し、やまぶきの配列定義ファイルをある程度まで読込可能としました。

・やまぶきの打鍵ロジックを参考に実装し、かつ連続シフトモードをサポートしています。よって、やまぶき(やまぶきR)からの移行は容易とおもいます。

・Benizaraは、AutoHotKeyのスクリプトを実行ファイル化したものです。ユーザモードでキーフックするタイプのエミュレータなので、導入も停止も簡単です。USBメモリで持ち歩くこともできます。

・親指の友Mk-2 キーボードドライバ V2.0L23に実装された「零遅延モード」を、当該ソフトにも実装しました。零遅延モードとは、親指シフト時の表示遅延をゼロにして、高速打鍵を可能とするモードです。


1.3.未だ実装していないこと

・機能キーの切り替え、単独打鍵の有効・無効の切り替え、キーリピートの有無の切り替えは未だ実装していません。


1.4.入力速度ベンチマーク

・落語「じゅげむ」の名前を入力するベンチマークで評価しました。具体的にいうと「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんたい ぐーりんたいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーのちょうきゅうめいのちょうすけ」を仮名入力する時間を計測するものです。このベンチマークは、今井士郎さんのブログを参考にしました。

・自分が「じゅげむベンチマーク」を実行した際の親指シフト入力の最速は45秒、平均は55秒でした。なお、ローマ字入力の最速は75秒、平均は80秒でした。


2. 使い方


2.1.取り扱い種別

 Benizara(紅皿)はフリーソフトウエアであり、IME.ahk, Path.ahkを除く各ソースコードはMITライセンスの下で再利用可能です

 なお、Benizaraのソースコードのうち、IME.ahk, Path.ahk は、eamatさまが作成されたライブラリです。


2.2.動作環境

 Windows7(32bit)とWindows10(64bit)で動作確認していますが、NT系のWindowsならば、どの環境でも動作する筈です。

 IMEは、Atok11とMS-IMEで動作確認しています。


2.3.インストール方法

(1)vectorまたはOSDNから benizara をダウンロードして所望のパスに解凍してください。

OSDNのURL https://osdn.net/projects/benizara/releases/

(注:2018年10月7日現在、まだVectorからダウンロード可能な状態になっていません。暫くお待ちください。)

(2)インストーラ版では、解凍後にsetup.exe を実行してください。インストールか完了すると、お使いのJIS109キーボードが親指シフト (NICOLA配列) に切り替わります。

 なお、InstallShield LE版を用いて作成しています。

 追記:ver0.1.1では、PC起動後のbenizara自動起動がうまく設定できていませんでした。自動起動を設定するには、ver0.1.1.1をお使いください。

(3)EXEファイル版では、解凍後にbenizara.exeを実行してください。お使いのJIS109キーボードが親指シフト (NICOLA配列) に切り替わります。


3. 紅皿設定の説明

タスクトレイの紅皿アイコンを右クリックして、紅皿設定をクリックすると以下の設定ダイアログが表示されます。各タブの下のOKボタンをクリックすると変更が反映され、キャンセルボタンをクリックすると変更が破棄されます。


3.1.配列タブ

配列定義ファイルを表示し、かつ切り替える機能を備えたタブです。

その下側には、配列のモードと、そのときのモード名とキー配列が表示されています。

「…」ボタンをクリックすると、ファイル選択ダイアログが開き、配列定義ファイルを選択可能となります。

配列のモードのコンボボックスを選択することで、キー配列の表示が選択したモードに切り替わります。

配列b.png


3.2.親指シフトタブ

親指シフトに関する設定画面です。

・親指シフトキーのコンボボックスは、変換-無変換と無変換-空白が選択可能です。

 無変換-変換を選択した場合、無変換キーが左親指キー、変換キーが右親指キーです。

 無変換-空白を選択した場合、無変換キーが左親指キー、空白キーが右親指キーです。

・連続シフトのチェックポックスは、親指シフトキーの押下中に、連続してシフトモードの文字を入力するためのものです。推奨設定はオンです。

・零遅延モードのチェックポックスは、キー押下と共に遅延無く文字を出力する「零遅延モード」をオンするものであり、推奨設定はオンです。この零遅延モードは、親指の友Mk-2キーボードドライバ(聖人さま作)の機能を参考としました。

・単独打鍵は、ver0.1.0では無効に固定です。将来の拡張のために表示されています。

・キーリピートのチェックボックスは、無効に固定です。将来の拡張のために表示されています。

・文字と親指シフトの同時打鍵の割合は、20~80[%]の間で可変です。親指シフトキーの押下に対して文字キーの押下が重なったとき、この割合を満たしたならば同時打鍵となります。推奨値は40~60%です。

・文字と親指シフトの同時打鍵の判定時間は、10~400[mSEC]の間で可変です。NICOLA規格では、50~200[mSEC]が推奨されています。

推奨値は、連続シフトの場合で50[mSEC]、連続シフトしない場合で150[mSEC]です。

親指シフトb2.png


3.3.紅皿についてタブ

バージョン情報や紅皿の概要が書かれたタブです。


4. キー配列(デフォルト)

 紅皿は、やまぶきと同様に、ローマ字モード6面と、英数モード6面の全12面のキーボードレイアウトを持っています。ローマ字モードは、IMEをローマ字入力のひらがな・全角カタカナ・半角カタカナに設定したときのモードであり、英数モードは、IMEを全角英数・半角英数・直接入力に設定したときのモードです。


4.1.ローマ字モード

ローマ字シフト無し

ローマ字シフト無しs.png

ローマ字右親指シフト

ローマ字右親指シフトs.png



ローマ字左親指シフト

ローマ字左親指シフトs.png

ローマ字小指シフト・ローマ字小指右親指シフト・ローマ字小指左親指シフト

英数小指シフトsのコピー.png


4.2.英数モード

英数シフト無し・英数右親指シフト・英数左親指シフト

英数シフト無しs.png

英数小指シフト・英数小指右親指シフト・英数小指左親指シフト

英数小指シフトsのコピー.png

  上記のレイアウトは、紅皿が読み込むキー配列ファイルによって変更することができます。


5. アンインストール方法


5.1.インストーラ版のアンインストール

タスクトレイの紅皿アイコンを右クリックして、Exitをクリックしてbenizaraを停止させます。更にコントロールパネルのプログラムのアンインストールから、benizaraを選択してクリックしてください。


5.2.実行ファイル版のアンインストール

タスクトレイの紅皿アイコンを右クリックして、Exitをクリックしてbenizaraを停止させます。そして、benizara.exe が解凍されたフォルダを削除してください。


6. 配布ファイルとその構成

Vector またはOSDNにアップロードした setup.exe を実行すると、以下がインストールされます。

Benizara.exe ・・・ 紅皿の実行ファイルです。

Benizara.ini・・・紅皿の設定情報ファイルです。

NICOLA配列.bnz・・・NICOLA配列のファイルです。

Dvorak配列.bnz・・・Dvorak配列のファイルです。

NICOLA配列_仮名直接入力.bnz・・・タイプウェルで仮名文字を入力する際の配列です。

GitHubに全ソースコードを開示しています。お好きに触ってみてください。

https://github.com/k-ayaki/benizara

以上