GoogleAnalyticsを使ったメールマガジン等からのトラフィック分析

More than 1 year has passed since last update.

GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーンを利用することで、
リファラーなしの遷移や、出稿した有料のWeb広告からのトラフィック分析を
することができる。

この機能はURLクエリパラメータ上にutm_campaignutm_medium
を含めることで使えるようになる。

Qiitaのメールマガジン上のURLをクリックした際にも、utm_campaign等が付与されていますね。

AdWordsへ出稿した場合はこれらのパラメータが自動で付与されます。

http://support.google.com/analytics/bin/answer.py?hl=ja&answer=1033863

上記URLの例に記載されている

http://www.example.com/?utm_campaign=spring&utm_medium=email&utm_source=newsletter1

がクリックされた場合、GoogleAnalyticsには以下の2.が記載される。
(GoogleAnalytics上で[トラフィック]=>[参照元]=>[キャンペーン]と選択)

Example1

設定可能なパラメータ

  • 必須: utm_source,utm_medium,utm_campaign
  • オプション: utm_term, utm_content

utm_contentは、メールマガジン等で2箇所以上同一のページヘ遷移するURLが
設定されている場合、utm_content=imagelink, utm_content=textlinkなどのように
設定する。
この場合、画像リンクの場合のクリック数、テキストリンクの場合のクリック数を分析できるようになる。

雑記

自社サイトの特定領域に広告掲載スペースを用意する場合においては、
上記パラメータを付与したURLが自動発行されるようにするととても親切になる。

また、検索キーワードに連動した広告掲載スペースを作成する場合は、
utm_termが設定されたURLへ遷移させてあげると良い。

また、広告へ出稿する際に、上記のような仕組みがないサイトの場合は、ランディングページのURLにutm_campaign等のパラメータを付与したものを遷移先として指定してあげる事で
きちんと広告の効果分析ができるようになる。

Twitter等へつぶやく場合においても、(一応ソーシャル分析の機能がAnalyticsについているが)
以下のようにすると、よいかもしれない。

  • utm_medium=twitter
  • utm_campaign=social
  • utm_source=tweet001 : つぶやきごとにユニークにする

Facebook等の場合はutm_medium=facebookとし、utm_campaign=socialとしておくと、キャンペーン: socialでの効果分析が可能となる。
(広告出稿と手間をかけたTwitterやFacebookでの宣伝活動どちらが効果的かなどの分析)